VIA、VIA ARTiGO A800 を発表

業界をリードする製品寿命対応の世界最小の組み込み型アプリケーション用ARMシステム

2013年1月24日、台北(台湾) – 電力効率に優れたコンピューティングプラットフォームの先端イノベーターであるVIA Technologies, Inc.は本日、ホテルオートメーション、メディアストリーム再生、デジタルサイネージ、監視システム、さらに医療・ヘルスケアといった多種多様な組み込み型アプリケーションに対応する世界最小のARMシステムである、VIA ARTiGO A800を発表しました。

800MHz Freescale™ ARM Cortex-A8 SoCを2つのGPUと併用したVIA ARTiGO A800は、わずか3.14W TDPという平均消費電力を保ちつつ、耐性のあるパフォーマンスおよび驚異的な電源効率を実現します。ファンレスでわずか12.0cm x 12.5cm x 3.0cm (幅 X 奥行き X 高さ)というウルトラ・ロープロファイル、防塵設計のVIA ARTiGO A800は7.5 cm x 7.5 cm VESAマウントにより、モニタ背後や壁付けといったあらゆる環境に容易にフィットします。

「VIAは、市場をリードするx86 ARTiGOにおける先進のSFFシステム設計の経験を活かして、より小型で少ない消費電力のARMベースのシステムファミリーを開発しました。ARMベースのARTiGO A800の導入により、顧客の皆様に先進プロセッサ構成による包括的な範囲のソリューションが提供可能になりました。」と、VIA Technologies, Inc.のVIA組み込みプラットフォーム事業部部長であるEpan Wu氏は語ります。

VIA ARTiGO A800

消費電力とパフォーマンス双方の最適化を図るべく、800MHz Freescale™ ARM Cortex-A8 SoCがデュアルディスプレイ用に2つのGPUを搭載、3D/2Dグラフィックスアクセラレーションにより最大解像度1080pのフルHD再生に対応しています。オンボードストレージとして、4GBのeMMC Flashが搭載され、1個のmicroSDカードコネクタによって拡張も可能です。VIA ARTiGO A800では、Linux 2.6およびAndroid (2.3) OSイメージを対象としたボードサポートパッケージ(BSP)が利用可能です。

ユニークな両サイドI/OコーストラインインタフェースにはHDMIとVGAディスプレイポート各1個、1つの10/100 LANイーサネットポート、4つのUSB 2.0ポート、オーディオジャック(オーディオ入力/出力およびマイク入力)および5V DC電源入力が含まれています。オプション装備のVNT9271 Wi-Fi USBモジュールは、オンボードのUSBピンヘッダ経由で利用可能です。

VIA ARTiGO A800の詳細については、以下をご覧ください。

このリリースに関連した画像は、以下にアクセスしてご覧ください。

VIA Technologies, Inc. について

VIA Technologies, Inc. (TSE 2388)は、市場先端のコア ロジック チップセット、低電力x86プロセッサ、先進の接続性、マルチメディア・ネットワーク半導体および完全なプラットフォーム ソリューションにおける一流のファブレス ベンダーであり、PCおよび組み込み市場におけるイノベーションを推進します。本部を台湾・台北に置くVIAの世界的ネットワークは米国、ヨーロッパ、アジアのハイテク センターと接続され、その顧客群には世界トップのOEM、マザーボード ベンダーおよびシステム インテグレータが含まれます。 www.viatech.com

VIA PR Contact

Sonia Chen
Office: 150-0011 東京都渋谷区東3-15-7 恵比寿MTビル6F
Phone: 03-5466-1637
Email: embedded@viatech.co.jp
VIA Technologies, Inc.