組込みAndroidアンケート調査 – 結果が出てきました!

embedded_android_survey_jpn1

当社が顧客に行った世界的なアンケート調査によると、予想通り、Androidは組込み市場でリーディングシステムとしての地位を確立した、という結論が出てきました。現在Androidを採用している、または近い将来に組込みプロジェクトに対応するO / Sを使用すると考えていると答えてくださった人は圧倒的に93%を占めました。

豊富なデータ・セットを表示するための視覚的なアプリケーションの普及は、Androidが組込み開発者の間で人気となる主な要因です。産業用オートメーション(28%)、情報・娯楽(20%)、およびデジタルサイネージ(12%)は、調査でトップ3の位置を占め、HMI(11%)と医療(11%)に緊密に追われています。

Androidを採用する主な利点として、タッチインタフェース(26%)を追加する機能が首位となりました。そして市場投入までの時間の削減(25%)、およびカスタマイズ可能性(19%)は、それぞれ第二位および第三位と続きます。O / Sにおけるネイティブ・マルチメディア・サポート(14%)と堅牢なAndroidアプリのエコシステム(12%)も重要であると提示されています。

AndroidはモバイルO / Sとして、開発者が組込みアプリケーションに実装する際には、周辺機器用I / Oサポートの欠如(23%)、異なるバージョンを維持する必要性、および安全性の確保など、克服しなければならない幾つかの重要な課題が生じます。Android開発の内部専門知識(21%)を構築する、また理想的な開発ツール(19%)を見つけることは、組込み開発者がO / Sを採用する際に直面する重要な課題となります。

当社は、回答者の皆様による貴重なフィードバックを心より感謝しております。当社は組込みAndroid向けに提供するプラットフォームやサービスを向上させる方法を見つけるために、既に調査結果を分析し始めております。更なる結果をお知らせさせていただきます。

全結果は、こちらで、ダウンロードしてご覧ください。

VIA Technologies Japan株式会社