組込み向けAndroidに関するアンケート調査

embedded_android_survey_jpn_960x320

インダストリー4.0(第4次産業革命)は、ロボット、モノのインターネット(IoT)、自動化生産ラインなどを結びつけ、世界的な高度な製造国にとって、これからの競争を行う舞台となります。このような風潮は全世界に吹き込むことにつれ、ドイツ、日本、中国、韓国もそれぞれ独自のアップグレード計画を提出しています。また、インダストリー4.0によって駆動される生産のニーズも、産業用コンピューターを開発する際に、組込みシステムが業界のトレンドとなることに助力を与えます。

更なる豊富なデータベースを表示するために、視覚的アプリケーションの普及はAndroidシステムが組込み開発者の間で人気が高まることを果たす主な要因だと判明しております。

最近VIAテクノロジー社が行った世界的なアンケート調査によると、93%の回答者は、組込み向け装置にAndroidシステムをすでに採用している、または採用する予定だという意向を示しています。

組込みAndroidシステムは、タッチスクリーンに対応する機能がその主要な利点となり、産業用オートメーションおよび車載エンターテイメント・システムに最適だと、回答者が返答してくださいました。また、Androidシステムによってもたらされた課題として、回答者はAndroidがそもそもスマートフォンやタブレット向けに開発されたシステムなので、特定分野のニーズを満たすために、適切な補正や調整が必要となり、それらを開発する時間とコストがかなり高いのではないかと心配されています。

日本企業は、科学的能力における強固な基盤を持ち、インテリジェント・ビルも数年の経験を積み重ねてきて、生産用ロボットを使用する主要国です。開発者様やエンジニア様がAndroidシステムに関するご意見を更なる理解するために、賞品ありのアンケート調査を行わせていただきます。この活動は本日より実行開始しますので、ご協力をよろしくお願い申し上げます!

今すぐアンケートに答えて、VAB-820ボード獲得するチャンスを!VAB-820 Shadow

開始

VIA Technologies, Inc.