組込みGroveが登場!

GroveHat_blog_header

ハードウェアの相互運用が難しい。

ソフトウェアは異なるニーズに応じて調整することが容易であるが、ハードウェアの部分は使用される前に定型される傾向があります。変更を実現するのは通常、些細なことではありません。別のICを使用したい、より多くのセンサーが欲しい、または出力デバイスを変更したい、これらのすべては、プラグ•アンド•プレイソリューションの代わりに、カスタム動作となります。

デバイス間でのこのようなハードウェア相互運用可能性は、幾つかの例があるので、より大きなユーザーベースが利用することができます。最も成功な事例といえば、おそらくArduino用シールドでしょう。それはArduinoボードを越えて広がって、より多くの場所でシールド•コネクタが見られるようになります。しかし、それはまだ最終的な解決策ではありません。それらの一部の欠点として、多くのアクセサリが重ねて使用すると、サイズが大きくなってしまうほか、予想できないトラブルも発生しやすくなります。幸いなことに、これらの既存のソリューションをうまく補完し、使いやすさを著しく向上させる、新しいシステムがあります!

Groveの世界へようこそ

GroveシステムはSeeed Studioスタジオによって設計され、暴风のようにメーカー•コンピューティング・プラットフォームを占めると思われます。これは、標準化された物理的なコネクタ、予測可能なピン配列、および共通のボードサイズを有するように設計されております。

標準化された物理的なコネクタは、非常にしっかりと接続される4ピンを備えております。ピ ン配列は、私がこれまで見てきた限りには、デジタル、アナログ、およびI2Cコネクタを含み、そしてボードは20x20mmのサイズから、パズル形式の アウトラインで倍数で(例えば、一般的なサイズは20x40mmか40x60mm等々)利用可能です。

そのウィキには、少なくとも106の異なるアクセサリーが表示されていると私が数えてきたが、それらのほとんどはArduinoIntel EdisonGalileoBeagleBone Black、そしてSeeed’s Groveが焦点を当てたBeagleBone Green、 LinkIt OneRaspberry Piなど、数多くのボードを含むすべての対応機器で使用することができます。驚くべきことに、この新しく発見された相互運用性がボードにわたって、多くの興味深いユースケースを可能にすることができます。

組込みシステムに取り入れ:GroveHatが誕生!

VAB-820は、ヘッダを介して数多くのデジタルI / OとI2Cピンが利用可能を理由として、多分VIAの最も人気のある組込みARM開発ボードとなります。それらのピンを使ってGrove互換コネクタにし、100以上のガジェットと遊ぶようにすることが非常に楽しくかつ便利だろうと思います!私はボードを設計するためにKiCadとともに一晩中座り、それに約一週間をかけてSeeed’s Fusion PCB サービスによって印刷されるのを待っていました。そして今、結果が出てきます。

GroveHat adapter for the VAB-820

私は最初のバージョンを簡単にしたいです。I2Cのように、非常に便利で汎用性が高いI2C3バス用の2つのコネクタがあります。そして、2または4のデジタル回線を利用できるようにする2つのデジタルI / Oコネクタも備わっております (Grove ベースシールドv1.3に類似する設計に基づいて)。

まず最初に、Grove LCD + RGBバックライト (私のお気に入りのアクセサリーの一つ)によってボードを接続することです。物事が光り、予想とおりに動作することを見て、本当に楽しかったです!

GroveHat used with a Grove LCD RGB Backlight. Yeah indeed!

私はGroveHatが動作し始めることを表示するために、小さなデモを用意しました。ここではVAB-820がLinuxを実行し、そしてPythonで書かれたシステム監視スクリプトを使用して現在のCPUとメモリの使用率を(色彩も一緒に)表示します。

一 つ興味深いのは、これまでにGrove互換デバイスは、ファームウェアまたはLinuxだけを実行しているように見える一方で、VAB-820はデジタルI / OとI2C 用のAPIを提供したVIAスマートETK(組込みツールキット)によって、Androidからこのハードウェアパワーをすべて使用することができる最初のシステムとなります!

GroveHat用のソースコードおよびガーバーファイルは、CERNオープン・ハードウェア・ライセンスに準拠して、 Github上で利用可能です。また、これはサイドプロジェクトであり、VIAの公式アクセサリーではないことにご注意ください!

将来の見込み

改善したいものがまだ数あるので、これらはまだ初期テストの段階なので開発は止まりません。

ボード自体については、まだ下記のように改善できるかと思います。

  • VAB-820の外形に更なる一致に、レイアウトを改良します。
  • より多くの接続を増やします。
  • 信頼性を向上するために、電力線に幾つかのデカップリング・コンデンサを追加します

…等々。

ソフトウェア側について、現時点では以下のように思っております:

  • LinuxとAndroidシステム両方向けにより多くのデモを作成します。
  • LinuxからのGPIO制御をチェックします。(I2Cに比べてよく知っていません。)

次はあなたの番!

Groveによって、VAB-820のような強力な組込みシステムをどのように使用するのでしょうか? GroveHatまたはGrove普通版を使って何かを構築する場合、我々にお聞かせください。私たちがお知らせていただくことにお楽しみにしております。

VIA Technologies, Inc.