Promises, Promises, Promises

DemoRoom11

ビデオウォール、デジタルサイネージ、およびビーコンなどの新しいデジタル技術によって、物理的な空間を更に「魅力的」、「インタラクティブ」、「没入型」環境に「転換」する方法については、マーケティングの観点から見れば比較的に簡単となります。

今回、私は台北・新店本社一階を改造するタスクを与えられ、これらの望みをかなえる能力を試す機会を得ました。

現在、一階が受付、デモスペース、会議室、コーヒーショップ、および体育室を含む、5つの主要な領域に分割されております。この改装により、我々の目標の一つとしては、基本的な機能を保持しながら、より魅力的でおもしろい方法でこの空間を提供し、管理することです。

新しいデジタル構成の導入が、このプロセスの一部ではありますが、私たちはなお、全体的な環境をはるかに魅力的にしていきたいと思っております。例えば現在のデモエリアは、私からすれば、静的な博物館のような空間だとしかいえず、多くの動的なものに置き換える必要があります。同様の評価は他の空間にも適用できます:機能性が完全に備わっている上に、デジタルの飾付けを加えることによって、新しくて輝く姿へ変貌できます!

このプロジェクトの目標を確認することは比較的容易な最初の一歩でありましたが、その空間をより魅力的にするために、設計理念を発想すること、および具体的にどのような技術やアプリケーションを展示すべきかを考え出すことは、かなりの挑戦となります。

多くの企業、特に小売業などの事業は、このようなデジタル化計画を既に考えている、または実際に着手しているので、私もこのプロジェクトに関する経験を記録し始め、自分自身の学んできたことを共有しようと思います。

私はまた、アイデアを交換し、資料や成功事例となるコレクションを構築することができるように、同様のプロジェクトに携わる方々からのご意見を聞かせていただくことを楽しみにしております。

VIA Technologies Japan株式会社