VIA、Embedded World 2016においてVIA Mobile360車載サラウンドビュー運行管理システムをデモ

embedded-world-2016

堅牢なシステムにより、ローカルおよびリモート環境下でシームレスなリアルタイムの360°ビデオ監視・記録を実現。安全かつ信頼性の高い商業運輸を確保します。

台湾・台北、2016年2月23日 – VIA Technologies Inc.は、2月23〜25日にドイツ・ニュルンベルグで開催中のEmbedded World 2016において、VIA Mobile360車載サラウンドビュー運行管理システムをデモするとを発表しました。ブースはニュルンベルク展示センターのホール4における4A-251です。

商用車両のリアルタイム監視、セキュリティ、およびトラッキングアプリケーション向けに設計された本システムは、VIA Multi-Stitch Technologyを利用し、最大6つのカメラ入力に対応するとともに、ローカルまたはリモートから見ることができる、最大限の360°ビューを作り上げます。主なシステムの特長は以下のとおり。

幅広い稼動温度対応を伴った堅牢な筐体

  • 柔軟な入力電圧
  • 8 PoEまたは8 CSIまでのカメラサポート
  • 360°リアルタイム表示
  • ローカル記録およびストレージ
  • リモートビューのためのビデオエンコード
  • VIA Multi-Stitch Technology

「VIA Mobile360車載サラウンドビュー運行管理システムは、柔軟かつ堅牢なソリューションを提供し、多様な車載アプリケーションや環境要件を満たすようにカスタマイズすることができます」と、VIA Technologies, Inc. 国際マーケティング部の副部長を担当するRichard Brownは述べています。「VIA Multi-Stitch Technologyは、その洗練された3D画像処理アルゴリズムによって、見事な球状画像を確保するだけでなく、簡単に設定可能なほぼ無制限な視角を再現し、車両周辺の動的な多方向監視もサポートします」

VIAのEmbedded Worldにおける出展

VIA Mobile360車載サラウンドビュー運行管理システムは、Embedded WorldにおけるVIAブースで展示されている、多様な革新的な新しい産業向けIoTとMobile360新製品の中の一つです。他の見所は、次のとおりです。

  • VIA Mobile360 HMIスターターキット:VIA Mobile360 HMIスターターキットは、高度に統合された低消費電力マザーボードとLCDとともに、AndroidまたはLinuxベースの構成が選択可能で、多種多様な車載インフォテインメントおよびデジタルサイネージアプリケーション向けの幅広いオール・イン・ワンスマートディスプレイデバイスを作り上げる最速かつ最もスムーズなパスを提供します。
  • VIA ETX-8X90-10GRモジュール:この柔軟な新型モジュールは、超低消費電力と新しいVIA Eden® X1プロセッサの優れた性能を活かし、現在終末期のプロセッサモジュールを搭載したシステム向けに、完全なレガシーソフトウェアサポートを維持しながら、強力なアップグレードを提供します。
  • VIA Alegro 100スマートホーム自動化システム:このマルチプロトコルホームゲートウェイ装置は、Bluetooth、Wi-Fi、ZigBee、Z-Wave、また KNX-RFのサポートを備えており、多様なスマートホーム自動化アプリケーション向けに柔軟なソリューションを提供するとともに、お客様独自の要求も満たすことができるようにカスタマイズすることができます。

VIA産業向けIoTとVIA Mobile360ソリューションの詳細については、当社最新の2016-2017製品ガイドをダウンロードしてご覧ください。

VIA Technologies, Inc. について

VIA Technologies, Inc.は、ビデオウォール、デジタルサイネージ、医療、産業用オートメーションなどの幅広いM2M、IoT、およびスマートシティアプリケーション向けに、高度統合された組込みプラットフォームとシステムソリューションの開発領域における世界的なリーダーです。台湾台北に本社を置き、VIAの世界的ネットワークは米国、ヨーロッパ、アジアのハイテクセンターに繋がります。顧客群には世界有数のハイテク、通信、家電業界において有名企業が数多く含まれております。

http://www.viatech.com

VIA Technologies, Inc.