カスタマイズと共創

CocreationHeader

今月の上旬に東京で、JapanTaxiと共に、スマートIoTモビリティシステムを発表したことは、VIAにとって誇りに思える出来事でした。これは、いつも舞台裏において、エンジニアが、システムをカスタマイズするために、どのような骨を折れる仕事をし、お客様の特定用途の要件にピッタリ合うように力を注いできた姿を披露するよい機会になりました。

車載システムアプリケーションは、電圧、温度範囲、衝撃や振動、ワイヤレス接続、およびディスプレイ統合等を始め、様々な厳しい動作要件を満たさなければならないので、特に複雑です。それに加えて、我々のエンジニアリングチームは、イグニッションによるクイックブート、またより良いナビ機能を可能にするGPS位置調整といった新機能の開発など、カスタマイズのかなりの項目を満たしながら、システムが厳しい路面に耐えられるよう設計されていることもちゃんと確保しなければならないのです!

Capture

この目標を達成するために、JapanTaxiとの密接な連携が必要でした。我々両社はそれぞれの分野の専門知識を活かすことを通して、システムを最適化させ、目の前のニーズを満たすとともに、将来の技術革新向けに必要な準備も用意しておきます。

Capture2

車載技術は、これまで以上に複雑になっていき、今回のように、それぞれの技術、実際操作、また市場についての専門知識を活用する相乗的な共同創造モデルは、次世代スマートシステムの成功した設計、開発、および展開を確保する上でますます重要な要素になります。

カスタマイズシステムの展開を速めるために、我々が提供しているハードウェア技術およびソフトウェア・カスタマイズ・サービスについての詳細をご覧ください。何かのご質問やご要望がありましたらも、どうぞお気軽にお問い合せください!

VIA Technologies, Inc.