日本で生まれたスマートタクシー

JapanTaxiHeader

最近、我々は交通運行に関連するプロジェクトによく取り組んできました。自動運転車はもちろん大きな注目を集める領域の一つでありますが、今は、コンピュータ化、ネットワーキング、およびHMI技術の発展に役立つことができる(または役立つべき)交通設備がまだたくさんあります。これらのますます多くの変化が重なるにつれ、特定の企業、あるいは業界全体できっと大きな質的な変化を作り出すと、我々は確信しています。

この考えに基づき、我々はお客様とそれぞれの専門分野知識を活かし、共同発明及び共同創造の道を歩いてきました。我々は、今回のJapanTaxiの件のように、世界の未来像に対してビジョンを持っているお客様と特に協力していきたいと思っております。

日本は数多くの新技術を実際に試すことにおいて先頭を走る国です。JapanTaxiは、それこそをしている、ソフトウェアとハードウェアプラットフォームの開発者で、乗客とタクシー運営者の両方に、より便利で快適、そしてスマートタクシー乗車経験を目指しています。また、日本の47都道府県にわたって、120以上のタクシー会社にサービスを提供しているとともに、そのタクシーを呼び止めるアプリは何百万人までの人々によって使用されています。

今回、我々はJapanTaxiと協業して、顧客、運営者、および運転者経験をよくする、新しいタクシー専用の「脳」を開発してきました。その結果としてのシステムは、JapanTaxiのお客様の車隊に既に配備されています!それ以外にも、当システムは今、だれでも利用可能となっており、また他の運行管理の問題向けに応えることもできます:AMOS-825をチェックしてください。

AMOS_825-Overview

このシステムは、特に運行管理にまつわる問題に応じて開発されたものです。自動車、トラック、またはバス等の車両の電源から簡単に給電されることができます。また、イグニッションによるクイックブートに対応します。車が起動すると、システムもすぐに使用できる状態になっていることが、タクシーにとって特に大切な機能となります。車両運営者にとって不可欠なCANバスとGPSサポートも備えています。それに加え、耐衝撃と耐振動が、モバイル環境で更なる求められる機能なので、この要求に応じて、我々は余分なオンボードストレージを追加しました。これは、チップの形であるもので、その替代品とするSDカードストレージの低耐振動性という欠点をなくしました。それ以外にも、我々は自動車の限られている空間に収まるようにちょうどいいサイズ、かつすぐ使用可能なタッチスクリーンもシステムに付け加えました。
JapanTaxi1

完全なセットアップは配車、追跡、娯楽、および広告機能を備えており、より密接で、楽しくて、また高収益のタクシーサービスといったJapanTaxiの要求を満たしています。

最初の概念から、最終のソリューションまで、このプロジェクトは一般的な予想よりもはるかに短い時間枠で完成されました。当システムは、今後数週間または数ヶ月の内に広く展開される予定のように、我々は、もっと多くの人々がこの開発の成果、またこの成果を実現させた新しい使い方を楽しむことができると願っています。このプロジェクトから数多くの珍しい価値を発見するにつれ、我々は将来にも協業による創造、ビジョンの実現に向ける開発、また技術プロジェクトの製品化等向けに、より多くの力を注いでいきたいと思います。

今、我々は次の挑戦を楽しみにしています。もし、この製品や開発ストリーにご興味をお持ちの方は、是非、お気軽にお問い合わせください!

VIA Technologies Japan株式会社