VIA IoT Studio:IoT接続デバイス向けの迅速な製品化ソリューション

alegro_781x512

IoT接続デバイス市場は、その対象がPCかスマートフォンかによって、大きく異なってきます。大量生産の標準的な製品と違い、IoTゲートウェイ、産業自動化、デジタルサイネージなど、さまざまな特定応用向けのカスタマイズ製品からなっています。

この需要を満たすことは、IoT接続デバイスの製造または展開を計画している企業に対し、生産量の少ない製品を開発するためのコストをカバーしつつ充分な利益を確保し、さらに最適なタイミングで製品を市場投入することなど、かなりの挑戦になります。

先ごろ発表したVIA IoT Studioは、当社の組込みシステム設計における経験と専門知識を活用することにより、新興セグメントであるIoT市場を目指す、特定応用向けのデバイスを、迅速かつ手頃な価格で製品化する手段をお客さまに提供します。完全にゼロから新しいシステムを開発する代わりに、お客さまはこれらのソリューションを採用することにより、それぞれの特定要件に合わせて、カスタマイズすることができます。

VIA IoT Studioソリューションは、すでにテストおよび検証を済ませた高度に統合されたシステムプラットフォームに、ベースとなるハードウェアとソフトウェアを組合わせることにより、市場投入までの時間を短縮します。筐体設計、I/O周辺機器、ミドルウェアとアプリケーション開発など、数多くのカスタマイズオプションが利用できます。さらに、当社と製造エコシステムパートナーと強固な関係を活かし、迅速な開発・製造も保証されています。

VIA Alegro 100は、われわれのVIA IoT Studioに対するビジョンを体現しています。このマルチプロトコルのホームゲートウェイルーターは、Bluetooth、ZigBee、Z-Wave、KNX-TP、KNX-RF、Wi-Fi、およびイーサネットを含む、あらゆる主要な無線規格に対応することができ、多様な環境とアプリケーション向けに理想的なソリューションです。システムソフトウェア開発を容易にする、高度なソフトツールとサービスを備えた LinuxとAndroid BSP、また、さまざまなハードウェアのカスタマイズのオプションも利用できます。

smart-home_alegro100_(ja)_image

ますます豊富になるVIA IoT Studioソリューションの詳細については、どうぞこちらでご覧ください。

VIA Technologies, Inc.