組込みMini-ITXボード

Embedded Boards Mini-ITX

VIAは2002年に(今は既に)産業標準となるMini-ITXフォームファクタを立ち上げ、業界プレイヤーにおける小型フォームファクタ革新の「ビッグバン」への触媒の役割を果たしました。その結果、VIA Mini-ITXフォームファクタは、組込み市場に新しくかつエキサイティングなアイディアを迅速にもたらすための、さまざまなスモールフットプリントシステムや既成(off-the-shelf)プラットフォームにより広く採用されております。

VIAエンベデッドは豊富なマルチメディア、接続性およびI/O機能を備え、VIA Eden®、VIA Nano® E-シリーズ、およびVIA QuadCore E-シリーズ x86プロセッサを搭載し、幅広い種類の高度統合された低消費電力のMini-ITXボードを提供します。最も要求の厳しい組込みシステムデザインアプリケーションに必要とする機能とパフォーマンスを全て提供します。このボードは、最も過酷な環境で動作できるように、幅広い温度範囲をサポートします。

モデルCPUチップセットイーサネットCOM /USBポートディスプレイ
EPIA-M9202.0GHz VIA QuadCore E-Series
1.6GHz Eden ® X4
1.0GHz Eden® X2
VX11H2 GLAN4 COM
3 USB 3.0 + 6 USB 2.0
2 HDMI
VGA
2 LVDS
EPIA-M9101.2GHz VIA QuadCore E-Series
1.6GHz Nano® X2 E-Series
1.0GHz Eden® X2
VX9002 GLAN8 COM
8 USB 2.0
1 HDMI
1 VGA
2 LVDS
VB70091.2GHz Eden® X4
1.6GHz C7®-D
1.0GHz C7®
VX9002 GLAN6 COM
8 USB 2.0
1 VGA
1 LVDS

VIA組込みMini-ITXボードは、豊富な機能セット、低消費電力、並びに最先端の機能とパフォーマンスによって、デジタルサイネージ、産業オートメーション、医療、HMI、シンクライアント、および運輸などの多種多様な組込みデザインアプリケーション向けに、理想的な選択となります。VIAエンベデッドが提供している広範囲にわたるハードウェアとソフトウェアのカスタマイズサービスをうまく活用していただくことにより、ターゲット市場向けに、完全に差別化された製品を作成できます。

VIA Technologies Japan株式会社