VX11メディアシステムプロセッサ

VX11-LogoVIA VX11メディアシステムプロセッサ(MSP)は、統合されたVIA C-640/645グラフィックスプロセッサを搭載し、世界トップクラスのDirectX® 11 HDマルチメディアプラットフォームを提供し、グラフィックス重視の組込みアプリケーション向けに、より優れたビジュアルおよび3Dコンテンツをサポートします。

 

VIA VX11 MSPは並列処理性能を活用するために設計され、よりスムーズな3Dアニメーションとより臨場感あるグラフィックス向けのモザイク細工といった高度なシェーディングおよびテクスチャリング技術をサポートします。VIA VX11 MSPは、集中ポストグラフィック処理機能を統合するShader 5.0、拡張可能なGPUコンピューティング用のDirectCompute 11、並びに並列コンピューティング用のより優れたマルチスレッディングと制御を備えております。今日のメディア重視型のアプリケーション向けに、強化されたグラフィック機能を提供し、OpenGL® 3.2とOpenGL® ES 2.0をサポートするように設計されております。

VIA VX11 MSPは高性能で用途が広いVIA C-Motion 5.0ビデオエンジンを搭載し、3Dコンテンツに命を吹き込むMVCフォーマットでの立体視デコード機能をサポートします。VIA C-Motion 5.0ビデオプロセッサは、H.264、MPEG-2、WMV9、VC-1およびWindows®メディアビデオベースコーデックのデュアル1080pHDデコード向けのハードウェアアクセラレーションを備え、キーシステムリソースを占有することなく、クリアでスムーズな1080p HDビデオコンテンツ再生を実現します。

さらなる拡張機能としては、H.264 HDエンコーダ、モーション補償、変換、デブロッキング、フルVLD、AVSサポート、並びにDisplayPort、HDMI、DVI、VGAおよびLVDSを含む、最新の接続性規格に対応します。

VIA VX11 MSPは最新のDDR3システムメモリ最高1333MHz速度、最大16GBをサポートし、VIA Eden® X4、VIA QuadCore E-シリーズVIA Nano® E-シリーズVIA Eden® X2 ULVプロセッサファミリーとの互換性を備えております。全体的なシリコンフットプリントを減らし、システム電力消費を節減するシングルチップソリューションを提供します。


VIA VX11メディアシステムプロセッサの主な特徴

  • 高性能ハードウェアHDビデオデコーダー:H.264、MPEG-2、WMV9およびVC-1コーデックに対するスムーズなハードウェアアクセラレーションにより、高度なブラウザーストリーミングビデオ技術に対応しております
  • 優れたディスプレイ接続性:マルチディスプレイ構成でDisplayPort、HDMI、DVIおよびVGAを含む最新の表示標準に対応します
  • DX11グラフィックス機能:VIA C-640/645採用のグラフィックスプロセッサはDirectX® 11フル対応で、128ビット2Dエンジンも含んでおります
  • SuperSpeed USB認証:USB-IFからのSuperSpeed USB認証済みで、最大3つのUSB 3.0ポートをサポートします
  • HDオーディオサポート:VIA Vinyl HDオーディオコントローラは192kHzのサンプリングレートで最大6つの高品位チャンネルをサポートし、より豊かなオールラウンドのデジタルメディア体験を実現します
  • 対応メモリ:メモリコントローラ技術は、1333までの速度と低電力、広帯域のDDR3メモリモジュールをサポートします
  • フル統合化テクノロジーをサポート:SDIO 3.0、UART、SPI、LPC、並びに6つのUSB 2.0ポートの低電力装置インターフェースをサポートします
  • S3TC™ テクノロジー:システムメモリのデマンドを減少することによって、低電力、良いテクスチャ解像度、および全体的に優れたパフォーマンスを提供する純正の24ビット3Dテクスチャ圧縮アルゴリズムです。

VX11 ブロック図

VX11 Block Diagram

VIA Technologies Japan株式会社