K8T890

K8T890PC機器が高解像度ビデオや最新の3Dゲームといったエンターテイメント/マルチメディア·アプリケーションを扱うようになるのに伴い、需要の対象もシステムの帯域幅に向けられるようになってきました。こうした変容に応えるため、業界では現在最も帯域幅使用量の大きいアプリケーションでも、将来世代のヘッドルーム(無歪限界)を提供するアプリケーションでも対応可能なPCI Expressへの移行を積極的に推し進めています。

AMDプラットフォーム用の最初のPCI ExpressチップセットとなるVIA K8T890チップセットは、PCに対して高まるシステム帯域幅要求に完全に合致するよう設計された製品です。このチップセットはAMD Athlon 64、Athlon 64 FX、Opteron™およびSempron™プロセッサを包括的にサポートするよう設計されており、高いパフォーマンス性と包括的な機能そして磐石な安定性を発揮します。また最新のPCI Expressグラフィックスカードとシームレスに連動するように最適化され、1方向あたり最大4GB/秒の処理能力を持つグラフィックス帯域幅専用のPCI Express x16接続端子1個と、4個のPCI Express x1接続端子を装備しています。各1x PCI Express接続端子はギガビット·イーサネットやHDTVチューナー·カードといったPCI Express周辺機器に対し1方向あたり250MB/秒の帯域幅を提供します。

VIA K8T890チップセットはPCI-SIGコンプライアンス·ワークショップの厳しい審査に見事に合格し、 PCI-Express認証, を取得しています。

k8t890_mainまたVIA K8T900 には、プロセッサ-チップセット間を1GHz/16ビットでリンクするHyperTransportをサポートするVIAのHyper8テクノロジー が統合されており、最大8GB/秒の処理速度であらゆるAMD64プロセッサ·ベースのシステムがその性能を最大限発揮できるよう確保されています。さらに、非同期のバス·アーキテクチャを利用して、ユーザーが自身のシステムの大部分を圧縮できるようシステム最適化オプションも改善されています。

VIA K8T890では、サウスブリッジに接続するため、高帯域幅のUltra V-Linkバスを実装しています。それにより、同チップセットは1GB/秒という高い処理能力でノースブリッジとサウスブリッジ間の受け渡しを行なうことが可能となります。また、市場をリードするVIA VT8237R Plus South Bridgeや多様なVIAコンパニオン·チップなどのソリューションと組み合わせることで、ネイティヴのSerial ATAやV-RAID、6ないし8チャンネルVIA Vinyl Audio、VIA Velocity™ Gigabit Ethernet、USB2.0、1394といった現在AMD64プロセッサ·プラットフォームで利用できる最も包括的なストレージ、マルチメディアおよび接続性の機能を提供することもできます。


VIA K8T890の利点

VIA Flex Express アーキテクチャ: VIA独自のVIA Flex Express アーキテクチャ は、業界で最も柔軟な形でPCI Express準拠のコアロジック·チップセットを実装できるように設計されています。また、このアーキテクチャでは複数のデバイス構成が可能となっており、5GB/秒という驚異的な統合バンド幅を持つPCI Expressレーンを20本使用し、最大5個のPCI Expressデバイスがサポートされます。

高度なPCI Expressペリフェラル·サポート: VIA Flex Expressアーキテクチャによって、K8T890チップセットのノースブリッジを経由して直接4個まで高帯域幅PCI Express x1ペリフェラル·デバイスを接続することができます。それにより、待ち時間の少ない広範なメモリアクセスが可能となるとともに、チップセットのサウスブリッジ上のI/O帯域幅を解放し、 複数のHDD、オプティカル·ドライブ、USB/1394デバイスのもつ重い帯域幅要求を処理できるようになります。

非同期バス·アーキテクチャ: VIA K8T890の非同期バス·アーキテクチャを利用すれば、プラットフォームの安定性を維持しながら究極的なPCゲーム/エンターテイメント効果を実現する最適なシステム設定を行なうことができます。

Ultra V-Linkバス: VIA VT8237R Plus South Bridge とVIA K8T890 North Bridge間で最大1066 MB/秒のデータ処理速度を誇るUltra V-Link インターフェースは、今日ますます需要が増大してきているマルチメディア·アプリケーションに必要なバンド幅を提供し、ジョブの待ち時間を短縮します。

VIAモジュール·アーキテクチャ·プラットフォーム: VIA K8T890はVIA独自のモジューラ·アーキテクチャ·プラットフォーム(V-MAP)の一部を構成するものです。マザーボードの開発パートナーは、VIAのコアロジック·ソリューションに対する柔軟かつピン互換のある設計手法によって設計時間を最大限短縮し、製品の市場投入時間を早めることができます。また、より少ない設計資源で複数の市場分野に対応したり、単一の統合ドライバベースを有効利用することも可能です。

ネイティヴなSerial ATA/RAIDサポート: VIA VT8237R Plus South BridgeはネイティヴなSerial ATA/RAIDコントローラを装備しており、150MB/秒の2つのSerial ATAデバイスと、SATAlite™インターフェースを組み合わせることによって更に2つのSATAデバイス(計4個)を直接サポートします。統合されているV-RAIDコントローラはネイティブなRAID 0、RAID 1、RAID 0+1およびJBODをサポートしているので、最適なデータ保全とシステム性能が確保されます。また、ユーザーにやさしいV-RAIDソフトウェア·インターフェースを利用すれば、簡単にディスクアレイを構成し管理することができます。

VIA Vinylマルチチャンネル·オーディオ·スイート: 最大6ないし8チャンネルの出力によって解像度24/96の豊かな暖色のサラウンドサウンドを提供するVIA Vinyl AudioおよびVIA Vinyl Gold Audioがあれば、鮮明でクリアなパフォーマンスを実現できるとともに、主力の統合またはオンボード·ソリューションにおいて最高水準のオーディオ·クオリティを発揮します。

統一的なVIA Hyperion 4in1ドライバ: VIAでは、8世代にわたるチップセットに対する統一的なドライバ·アプローチによって、エンドユーザーにとって利便性の高いシームレスなハードウェアおよびソフトウェア互換性を実現しました。


K8T890 組立分解図

k8t890_blkdiagram_new


主な機能

» フルレンジのAMD Athlon™ 64/Athlon™ 64 FX/Opteron/Sempronプロセッサ(939、940および754ピン)をサポート
» 高度なVIA Flex Expressアーキテクチャ
» PCI Express x16 グラフィックス
» 4個のPCI Express x1高速ペリフェラル接続端子
» プロセッサ-チップセット間を1GHz/16ビット(1方向)のHyperTransportでリンクするVIA Hyper8テクノロジー
» 非同期バス·アーキテクチャ
» Ultra V-Link 1066 MB/秒の高帯域幅North/South Bridge相互接続
» VIA Vinyl Gold 8チャンネル·オーディオコントローラおよび統合VIA Vinyl 6チャンネル·オーディオをサポート
» 最大4デバイスまでのSerial ATAサポート
» 統合V-RAIDおよびRAID 0、RAID 1、RAID 0+1、JBOD(SATA)をサポート
» 最大4デバイスまでのParallel ATA133/100/66サポート
» 最大8個のUSB 2.0/USB 1.1ポートのサポート、UHCI規格対応
» VIA Velocity Gigabit Ethernetコンパニオン·コントローラおよび統合10/100 Fast Ethernetをサポート
» 統合MC’97モデム
» ACPI/OnNowを含む、高度な電源管理機能
» 933 BGA North Bridge
» 539-pin BGA South Bridge

VIA Technologies, Inc.