PT890 チップセット

PT890_Thumb.jpg-nggid043191-ngg0dyn-210x160x100-00f0w010c011r110f110r010t010最大1066MHz FSBまでのIntel®プロセッサをフルレンジでサポートするVIA PT890は、システム·インテグレータやOEMメーカーがMicrosoft® Windows® Vista™ Premiumの高度な3D性能をフル活用した広範なデスクトップ·システムを構築する上で理想的なソリューションを提供します。

最新のPCI Expressグラフィックス·カードとシームレスに連動するように最適化されているVIA PT890 は、x16 PCI Express接続もサポートしており、1方向あたり最大4GB/秒の専用グラフィックス帯域幅を確保します。またVIA PT890には、ギガビット·イーサネットやHDTVチューナー·カードといったPCI Express周辺機器用として1方向あたり250MB/秒の帯域幅を提供するx1 PCI Expressペリフェラル·サポートも追加装備されています。

logo_stepupさらにVIA PT890には、VIA独自のStepUp™メモリ·テクノロジーも搭載されています。 このテクノロジーは同一のマザーボード上でDDRとDDR2二つのメモリ規格をサポートするので、マザーボード·メーカーはターゲット市場の需要に応じて自由にどちらかの規格を選択し、実装することができます。

pt890_mainそのほか、VIA PT890には高帯域V-Linkバスが実装されており、チップセットのノースブリッジとサウスブリッジ間の受け渡しを533MB/秒で行なうことができます。また、市場をリードするVIA VT8237A South Bridge や多様なVIAコンパニオン·チップなどのソリューションと組み合わせることで、ネイティヴなSerial ATAやV-RAID、6ないし8チャンネルVIA Vinylオーディオ、VIA Velocity™ギガビット·イーサネット、USB2.0および1394を含む包括的なストレージ、マルチメディアおよび接続機能を提供することも可能です。


VIA PT890の利点

VIAのStepUpメモリ·サポート: VIA PT890には、システムメモリに高速アクセスし最適なシステム·パフォーマンスを実現するための技術として独自のStepUpメモリ·テクノロジーが統合されています。DDR1とDDR2の二つのメモリ規格をサポートするこの技術によって、最大限の柔軟性が確保されます。

ネイティヴなSerial ATA/RAIDサポート: VIA VT8237A South BridgeはネイティヴなSerial ATA/RAIDコントローラを装備しており、150MB/秒の2つのSerial ATAデバイスとSATAlite™インターフェースを組み合わせることによって更に2つのSATAデバイス(計4個)を直接サポートします。統合されているV-RAIDコントローラはネイティブなRAID 0、RAID 1、RAID 0+1*およびJBODをサポートしているので、最適なデータ保全とシステム性能が確保されます。また、ユーザーにやさしいV-RAIDソフトウェア·インターフェースを利用すれば、簡単にディスクアレイを構成し管理することができます。

VIA Vinylマルチチャンネル·オーディオ·スイート: 最大6ないし8チャンネルの出力によって解像度24/96の豊かな暖色のサラウンドサウンドを提供するVIA Vinylオーディオ·スイートにはVIA Vinyl HD Audio、VIA Vinyl AC’97オーディオおよびVIA Vinyl Gold Audioに対するサポートも含まれており、主力の統合またはオンボード·ソリューションにおいて最高水準のオーディオ·クオリティを発揮します。

VIAモジュール·アーキテクチャ·プラットフォーム: VIA PT890チップセットはVIA独自のモジューラ·アーキテクチャ·プラットフォーム(V-MAP)の一部を構成するものです。マザーボードの開発パートナーは、VIAのコアロジック·ソリューションに対する柔軟かつピン互換のある設計手法によって設計時間を最大限短縮し、製品の市場投入時間を早めることができます。また、より少ない設計資源で複数の市場分野に対応したり、単一の統合ドライバベースを有効利用することも可能です。

統一的なVIA Hyperion Proドライバ: VIAでは、8世代にわたるチップセットに対する統一的なドライバ·アプローチによって、エンドユーザーにとって利便性の高いシームレスなハードウェアおよびソフトウェア互換性を実現しました。

* RAID Level 0+1には、Serial ATAドライブが4個必要です。ドライブを2個追加するには、SATALite PHYを使用して外部Serial ATAポートを2つインプリメントする必要があります。


PT890 組立分解図

pt890_blkdiagram_new


主な機能

» フルレンジのIntel®プロセッサをサポート
» Hyper-Threadingテクノロジー·サポート
» 1066/800/533/400MHz FSB設定
» 最大4GBのシングル·チャンネルDDR2533/400またはDDR400/333/266をサポート
» PCI Express Graphics x16をサポート
» PCI Express Peripheral Support x1
» 非同期バス·アーキテクチャ
» V-Link 533MB/秒のノース/サウスブリッジ相互接続
» VIA Vinyl HDオーディオをサポート
» 最大4デバイスまでのSerial ATAサポート
» 統合V-RAIDおよびRAID 0、RAID 1、RAID 0+1*、JBOD(SATA)をサポート
» 最大4デバイスまでのParallel ATA133/100/66サポート
» 最大8個のUSB 2.0/USB 1.1ポートのサポート、UHCI規格対応
» VIA Velocity Gigabit Ethernetコンパニオン·コントローラおよび統合10/100 Fast Ethernetをサポート
» 統合MC’97モデム
» ACPI 2.0を含む、高度な電源管理機能
» 952ピンHSBGA North Bridge
» 539ピンBGA VT8237A South Bridge

VIA Technologies Japan株式会社