CN896 Chipset

CN896OEM業者向けに電力効率性に優れ、経済的な組み込みおよびデスクトップシステムを提供すべく設計されたVIA CN896 IGPチップセットは、Microsoft® Windows Vista Basicロゴに完全認定されています。その機能には高効率VIA V4バスインタフェース、先進電力管理、DDR2およびPCI Express対応、およびディスプレイオプション付きの卓越した柔軟性が含まれます。

VIA CN896チップセットは、800MHzまでのVIA V4バス、VIA C7およびVIA Eden(V4)組み込みプロセッサ、VIA C7-Dデスクトッププロセッサをサポートしており、MicrosoftによりWindows Vista対応設計として認められています。負荷に応じてプロセッサの周波数および電圧を高低に切り替えるVIA PowerSaver™機能に対応しており、全体のCPU電力消費を約40%削減します。

VIA CN896は、高バンド幅VIA Ultra V-Link バスを搭載し、チップセットのノースブリッジとサウスブリッジ間の最大533MB/secでの通信を可能にします。市場先端のVIA VT8237SまたはVT8251サウスブリッジおよびVIAコンパニオン·チップのボード·アレイと組み合わせることにより、VIA CN896は包括的なストレージ、マルチメディア、接続性機能群を提供し、これにはネイティブSerial ATA II、6チャンネルまたは8チャンネルVIA Vinyl Audio、VIA Velocity™ Gigabit Ethernetコントローラ、無線LAN接続性、USB2.0および1394が含まれます。

ハイエンド·グラフィックス·カード向けの1つの16レーンPCI Expressポート、および外付けカード用の1つの1レーンPCI Expressポートの利用により更なる柔軟性が実現されます。

VIA CN896は専用のCRTインタフェースのみならずDVIトランスミッタ、LVDSトランスミッタ、SDTV TVエンコーダおよびHDTV TVエンコーダなどの追加ビデオポートの卓越した柔軟性を備えています。これによりお客様はCN896をフラットパネルディスプレイ、各種多様なLCDパネル、TFTカラーパネル、DVIモニタおよびTVディスプレイとの使用に適するように調整することができます。独立したディスプレイエンジンにより、同時に2つのディスプレイへの異なる解像度、ピクセル深度およびリフレッシュレートでのアウトプットが可能になります。結果として、CN896はお客様がシンクライアント、工業用PC、POS機器および他の組み込み製品を設計するための多数オプションを提供します。16レーンのPCI Expressポートの搭載により、低価格の基本構成を保ちながら、デスクトップ向けの更なるアップグレードオプションを提供します。

VIA CN896チップセットは、高性能のDirectX 9.0 3Dアクセラレータと生産性アプリケーション向け2Dアクセラレータを備えるC-9 HC統合グラフィックス·プロセッサ(IGP)を搭載します。

CN896の3Dグラフィックス·エンジンは、業界で唯一シングル·パスのマルチ·テクスチャとシングル·サイクルのトリリニア·フィルタの同時使用を提供します。これにより性能を犠牲にすることなく、素晴らしい映像品質を実現します。統合ビデオ·アクセラレータはMPEG再生時のCPU負荷も軽減します。

C-Motion CEビデオ·ディスプレイ·エンジンは、マルチメディア·コンテンツ表示のために多面的なアプローチを採用し、ビデオ処理のすべての過程において数多くの先端ツールを実装しました。これらには、非常に低いCPU利用率における完璧なデジタル·ビデオ再生のための統合MPEG-2デコーダ、および適応型逆インタレーシングおよびビデオ·デブロッキングなどの先端のレンダリング·ツールが含まれ、CRT、LCD、標準解像度TVおよび最大1080p解像度*のHDTVなどのすべてのディスプレイ装置におけるクリアなデジタル·コンテンツ再生を保証します。*

VIA CN896の利点

 

cn896_main

VIA C-9 IGP DirectX 9.0グラフィックス·コア

128ビット2Dグラフィックス·エンジンは、高品質グラフィックス機能強化を可能とし、あらゆる生産性アプリケーションは実行時にシステム性能を犠牲にすることなく、潜在力を完全に発揮することができます。128ビット3Dグラフィックス·エンジンは、先進3Dレンダリング向けのデュアル·ピクセル·レンダリング·パイプを搭載し、パス毎の2テクスチャを最大450万トライアングル/秒のトライアングル·レート、最大2億ピクセル/秒のピクセル·レート、および最大4億テクセル/秒のテクセル·バイリニア·フィル·レートにより実現します。

VIA C-9 HC IGPグラフィックス·コアは、C-Motion 3.0ビデオ·ディスプレイ·エンジンも統合しており、これはMPEG-2デコーダ、適応型逆インタレーシング、ビデオ·デブロッキング、および包括的なHi-Def出力を備えます。

幅広いディスプレイ対応

VIAのDuoView+™ 機能をサポートするVIA CN896はマルチ·モニタおよび拡張デスクトップに対応します。これには最大1920×1440対応の専用CRTディスプレイ·インタフェースが含まれます。CN896は、DVI/LVDSトランスミッタ(VT1632A/VT1636)およびTVエンコーダ(VT1622A/VT1625)対応の2つのデジタルビデオポートもサポートします。

先端メモリ·コントローラ

VIAの好評のFastStream64メモリ·コントローラは稲妻のようなメモリ·アクセス速度と理想的なシステム性能を実現し、最大4GBのDDR333/400メモリ、或いはDDR2 533/667メモリをサポートします。

高性能CPUインタフェース

VIA CN896チップセットは、バンド幅効率に優れたVIA V4バスを通じてVIA C7、C7-DおよびEdenプロセッサへの接続をサポートします。

VIA Vinylマルチチャンネル·オーディオ·スーツ

最大6または8チャンネル出力の24/96高解像度によるリッチで温かみのあるサラウンド音声を実現するVIA Vinyl Audio 5.1サラウンド音声およびVIA Vinyl Gold Audio 7.1サラウンド音声は、明確でクリアな表現を可能とし、主流の統合或いはオンボード·ソリューションにおいて最高レベルの音声品質を実現します。

統一VIA Hyperion Proドライバ

VIAのドライバの統一化手法は、8世代のチップセット向けに構成されており、エンド·ユーザーはシームレスなハードウェアとソフトウェア互換性の恩恵を受けることができます。

* 1080p HDTV互換TV-出力或いはDVIエンコーダチップへの接続が必要です
** LVDSトランスミッター·チップ(VIA VT1637)、またはDVIトランスミッター·チップ(VT1632A)への接続が必要です。
*** (VIA VT1623等)の外部TVエンコーダへの接続が必要です

ブロック図

cn896_blkdiagram_new

 

主要機能

» VIA C7、VIA C7-DおよびVIA Eden (V4)プロセッサを完全サポート
» 667/533/400MHz FSB (フロント·サイド·バス)をサポート
» x16 PCI Expressおよびx1 PCI Expressポートをサポート
» 最大4GBのDDR2 533/400MHzまたはDDR400/333/266MHz SDRAMをサポート
» V-Mapモジュラー·アーキテクチャ対応のVIA Ultra V-Link 1 GB/秒16ビット相互接続
» DirectX 9.0 3Dグラフィックス対応の統合VIA C-9グラフィックス·コア
» 250MHzグラフィックス·エンジン·クロックと独立128ビット·データ·パス
» 128ビット2Dおよび3Dグラフィックス·エンジン
» C-Motion 3.0 CEビデオ·ディスプレイ·エンジン
» MEPG-2デコーダ
» ビデオ·デブロッキング
» 適応型インタレース除去
» DuoView+
» 最大1080i / 720pの完全HDTVサポート

» 最適化されたUMA (Unified Memory Architecture)
» 12ビットDVIトランスミッタ
» 24ビット·フラット·パネル·ディスプレイ用インタフェースおよびデュアルの12ビット·フラット·パネル·ディスプレイ用インタフェース
» SDTVおよびHDTVディスプレイ用の外部TVエンコーダへの12ビット·インタフェース
» VIA Vinyl Gold 8チャンネルHDオーディオ·コントローラ&統合VIA Vinyl 6チャンネルHDオーディオ
» 最大2台のSerial ATAをサポート
» 統合V-RAID 0、RAID 1、RAID 0+1*、およびJBOD (SATA)をサポート
» 最大4台のParallel ATA133/100/66をサポート
» 最大8個のUSB2.0/USB1.1ポートをサポート
» VIA Velocity Gigabit Ethernetコンパニオン·コントローラ&統合10/100Mbps Fast Ethernetをサポート
» 先端のシステム電力管理をサポート

# When using the VIA VT8237 South Bridge, RAID Level 0+1 requires four Serial ATA drives; support for the two additional drives can only be implemented with two external Serial ATA ports enabled through a SATALite PHY. Support for RAID 0+1 is natively integrated into the VIA VT8251.

VIA Technologies, Inc.