Rhine III VT6106H Fast Ethernet コントローラ

VT6106HVIA Rhine III VT6106H EthernetコントローラはPC NICアダプタ向けの最先端で機能豊富かつ価格競争力のあるシングルASICチップソリューションです。VT6106HはNICとPCIバス間のスループットを最適化してサーバプロセッサ利用率を緩和し、システムCPUを使用することなく、フルデュプレックスモードでの最高200Mbpsのデータ転送を可能にします。更に、VT6106Hは、自動MDI/MDIX設定およびリモートBootRom機能を含む、幅広いトラブルシューティング機能を備えます。そして低電力CMOSプロセスでの実装の外に、VIA VT6106HはWOL (Wake on LAN)を含む低電力消費のための先進の電力管理機能を備えます。

vt6106h_mainVIA VT6106Hはネットワークコントローラ、ネットワークワークステーション、NICまたはマザーボード搭載LANソリューションへの統合に理想的であり、次世代の電子機器への高速Ethernet接続を実現する管理性に優れた統合コントローラを提供します。


主要機能

» PCIバス用シングルチップFast Ethernet NIC (Network Interface Controllers)
– PCI 2.2仕様準拠
– PCIバスへの直接接続を提供
– 10/100 Mbps Ethernet通信とBoot ROMインタフェース対応

» 高性能PCIマスタリング構造
– VIA定義の256バイトI/OベースまたはメモリマップドI/Oベースのコマンドおよび状態レジスタ
– ソフトウェア指向チェイン構造ディスクリプションによりハードウェアの複雑性を最小化
– オンチップのバスマスターDMAと高いPCIバス利用率に対するプログラム可能バースト長
– 低CPU利用率のためのデータバッファバイト位置合わせの転送
– バックツーバック転送のためのダイナミック転送パケット自動キュー
– ディスクリプションDMA向けプログラム可能活動ポーリングインターバル

» 標準10Base-T/100Base-TX/PHYレイヤおよびトランシーバを提供
– 10Base-T/100Base-TXとCAT5 UTP、STPおよびファイバーケーブル対応
– 10/100Mbpsフルデュプレックス、ハーフデュプレックスオペレーション
– 自動MDI/MDIX機能Nウェイ有効またはPHYフォースメディアモード
– ケーブ未リンク”時の自動パワーセーブ
– リンク、デュプレックス、スピードおよびコリジョンを含む4つのLED出力

» 分離2Kバイト送受信FIFO
– 双方フルEthernet長までのバースト対応

» フレキシブルなダイナミックロードEEPROMアルゴリズム
– 起動後ロード
-ダイナミック自動リロード
– 設定変更向けの組み込みプログラミング
– 製造向けのダイナミック直接プログラミング

» 外部ブートROM
– 最大64Kバイト
– 外部アドレスラッチの必要なし
– EPROMリードおよびフラッシュROMリード·ライト対応

» ACPI
– PC99、PC2001およびNet PC要件対応
– PCIバス電力管理インタフェース仕様バージョン1.0/1.1対応
– ACPI (Advanced Configuration and Power Interface)仕様1.0対応
– ネットワークデバイスクラス電力管理仕様バージョン1.0a対応
– Wake-upのリンクチェンジ/マジックパケット/ユニキャストフィジカルアドレス/MS定義パターンマッチ対応

» フローコントロール
– フルデュプレックス向けIEEE 802.3X対応
– マルチポーズフレームXon/Xoff

» 3.3V I/Oおよび2.5Vコア電力+PCIバス5V許容、低電力CMOSプロセス、14mm x 14mm、128ピンPQFPパッケージ使用

» emBoot PXE認定

VIA Technologies, Inc.