Velocity VT6122 Gigabit Ethernet コントローラ

VT6122最高の性能を小型低電力パッケージに統合したシングルチップGigabit Ethernetコントローラソリューションであり、マザーボード搭載LANの市場要件向けにカスタマイズされています。

VIA Velocity VT6122 Gigabit Ethernetコントローラは、14x14mm 128ピンLQFPパッケージにおいて先端の性能を実現し、スペースに制限のあるシステムでの32ビットアプリケーションに最適化されています。機能満載のMACおよびCicada特許SimpliPHYトランシーバを統合するVT6122コントローラは低電力でロープロファイル設計のスペースが限られたシステムに最適化されています。

10/100/1000 Mbpsトリプル速度および全速度でのフル/ハーフデュプレックス機能に対応し、CicadaのPHYは IEEE 802.3 (10BASE-T)、802.3u (100BASE-TX)および802.3ab (1000BASE-T)スタンダードに完全準拠します。Cicadaの実証済みのSimpliPHY設計により、VIAネットワークのVelocityコントローラは先進のナローバンドノイズ許容度を備え、実世界のPCBおよびケーブルにおいて素晴らしい性能を実現します。

vt6122_main

ホスト側CPU利用率を最小化するため、VIA Velocity Gigabit Ethernetコントローラは適応インタラプトスキーマを採用し、プロセッサへの割り込みを削減し、PCIバンド幅を効率的に使用するためにパケットバーストの使用を最大化します。VelocityコントローラはホストCPUから更なるタスク移行により、TCP/UDP/IPチェックサムおよびTCPセグメント負荷移行と共に全体のシステム性能を向上させます。

ユーザーのネットワーク管理機能を最大限に発揮するため、VIA VT6120は洗練されたGigaCheck™リンク管理ソフトウェアを含み、包括的ケーブル診断、運用分析およびステータス情報の利用により、ネットワーク管理とトラブルシューティングを大幅に簡素化します。

システムの複雑性とコストを削減するため、VIAネットワークのVelocity Gigabit Ethernetコントローラは、単一3.3V電源を活用し、先進の電力管理機能にも対応します。

応用例

Velocity VT6122コントローラは32ビットPCIクライアント側アプリケーションに最適化されています。小型フォームファクタ14x14mm、0.4mmピン幅、128ピンLQFPパッケージは、低ピン数の本体サイズを実現し、信号経路の簡素化、ボード経路範囲の最小化を支援することにより、経済的なボード実装に帰結します。更に、同一ボードにてフレキシブルにGigabit Ethernet (10/100/1000 Mbps)或いはFast Ethernet (10/100 Mbps)実装を可能にするため、VIAネットワークは幅広いEthernet ICオプションを統合した数多くの構成オプションを提供します。


VIA Velocity VT6122の利点

高度に統合かされたソリューション: 10/100/1000シングルチップソリューションは、チェックサムオフロード、Jumboフレーム対応、深いオンチップTx/Rxパケットバッファ、およびIEEE 802.3ab、802.3x、802.p、802.1Qスタンダードを含む完全な管理機能を備えます。

統合SimpliPHY™技術: Cicadaの統合SimpliPHY™技術は長距離接続向けの傑出したナローバンドノイズ許容度を確保します。貧弱な接続や標準以下のケーブルで運用されるネットワークに最適です。

低電力: 0.15um設計および3.3V低電圧要件の電源と共に、VIAネットワークのVT6122 Velocity Gigabit Ethernetコントローラは最新のACPI、WoLおよびPCI電力管理スタンダードに完全対応します。コントローラはスタンバイモードにて1000Mbpsから100または10Mbpsに自動的に切り替わり、電力消費を更に削減します。

GigaCheckソフトウェアインタフェース: 包括的ケーブル診断、運用分析およびステータス情報を可能にする完全ソフトウェアスーツです。ソフトウェアは接続速度、リンク品質、ケーブル分析およびVLAN管理の全てを使いやすく魅力的なインタフェースで提供します。


主要機能

» Gigabit Ethernet MACおよびPHYはフルおよびハーフデュプレックス10/100/1000トリプル速度運用に対応します
» 先進のDSPベースのCicadaPHY技術:10BASE-T、100BASE-TXおよび1000BASE-T準拠
» PCI v2.2対応
– VT6122: 32-bit 33/66MHz
» フローコントロール対応(IEEE802.3x)
» 優先制御キュー対応(IEEE 802.1p)
» 仮想LAN (VLAN)対応(IEEE802.1Q) » 管理機能
– MIBカウンタ、SNMP/RMONモニタ
– WOL (Wake on LAN)対応
» IPv4 TCP、IPおよびUDPチェックサムオフロード
» Tx上でのIPv4 TCPセグメンテーションオフロード機能
» 電力管理
– PCI電力管理v1.1、ACPI 2.0
– PRE-ACPIおよび異常シャットダウンからのWake-up
– スタンバイ時の1000から10または100への自動リンク切り替え
» PXE 2.1リモート起動対応
» IEEE 1149.1 JTAG内蔵
» EEPROM 必要なし
» 完全なドライバ対応
– Windows 95, 98(SE), ME, 2000, NT, XP, Server 2003
– Linux, Novell, Unix, DOS, Boot ROM, Macintosh
» 3.3V I/Os (5V 許容)
– 統合3.3Vから1.5Vのレギュレータ回路

VIA Technologies, Inc.