BLISSプラットフォーム

VIA BLISS(Bus Line In-Seat System、バス座席システム)プラットフォームはいつでもどこでも乗客の要求に応じて、個人ごとに娯楽、情報、および通信サービスを提供することによって、その乗車経験を変換し、没入式旅行環境を作成するための柔軟なターンキープラットフォームです。

  • オンデマンドバス座席の快適さに加える映画、テレビ番組、音楽ビデオ、およびゲーム
  • モバイルデバイスやシステム画面により、旅の全体を通して一定の高速インターネット、電子メール、ソーシャルメディアへの接続
  • ルート更新、到着予想時刻、およびその後のホテル部屋、レストラン予約などの、旅行中のナビゲーション情報やサービス
  • 旅行関連サービや地域内の見所についてのバスプロモーションや広告
  • リモート管理および無線(OTA)更新システムにより、一日24時間/週7日にわたる信頼性を確保

VIAは乗客が旅行の間で連絡が取れる、情報に通じる、楽しめる状態を確保するための、必要なあらゆるコアのハードウェア、ソフトウェア、および接続コンポーネントからなるシームレスなエンド・ツー・エンドバス座席インフォテインメント・ソリューションを提供し、特定の顧客の要求を満たすために、急速に展開され、容易にカスタマイズすることもできます。

こちらにBLISSプラットフォームのDMをダウンロードしてください。


座席Androidシステムスターターキット

座席Androidシステムスターターキットは、シートバックとシート側用のタッチスクリーンシステムを開発や設置すること向けに、柔軟で信頼性の高いソリューションを提供します。優れたビデオ再生とマルチメディア機能を伴った、高性能のデュアルARM Cortex-A9駆動プラットフォームに基づき、このシステムは7 “または10.1″といったディスプレイの形態が利用可能で、要求に応じて適切な取付部品を組み込むこともできます。

Bus Displays

Androidベースのタッチスクリーンシステムは、車載インフォテインメントサービスに対応する信頼性の高い、完全にカスタマイズされたBSPが含まれており、市場で他のプラットフォームに比べて、設計と統合性における最大の柔軟性を提供します。また、当社専有のVIA Smart ETK(組込み・ツール・キット)およびサンプルアプリも含まれており、Androidフレームワークの整合性をそのままで維持しながら、Androidアプリが組込みコンポーネントにアクセスするための最も簡単な方法を開発者に提供します。


Android開発およびカスタマイズサービス

VIAのAndroid経験と専門知識をうまく活用することによって、開発時間とコストを節減させ、核心価値を向上させることに専念できます。

VIAが提供する主要なAndroidカスタマイズサービスの一部を以下に示します。

  • 起動時間の最適化とロゴのカスタマイズ
  • デスクトップの代わりにアプリの起動
  • ユーザーからシステムバーの隠し
  • デバイスがホットスポットに接続するまいためのWi-Fi用デフォルトSSID
  • キー設定の変更および不要なアプリの取付を防ぐためのカスタマイズされたランチャーを作成

ビデオオンデマンドサーバ

VIAビデオオンデマンドサーバは、超高信頼性、高性能ソリューションで、単一のプラットフォームにより、バス・エンターテインメント・システム全体にわたって、H.264などの最も人気のあるフォーマットで、高解像度のビデオやメディアコンテンツのストレージ、管理、発送をサポートします。

bus_vod_server

最も要求の厳しい道路状況に耐えるように作成、試験され、サーバは完全な防振保護を備え、9V~36Vの幅広い電源入力範囲に対応し、バスのバッテリーによって稼動できます。-20°C~+65°Cといった広い動作温度範囲をサポートしているので、多様な気候条件にも最適となります。

サーバは、VIA AirTalk™を使用することにより、ギガビットイーサネット、テレビ、並びに3G、Wi-Fi、Bluetooth LEなど、広範囲にわたるバス接続の選択を提供し、事業者が乗客に全面的な付加価値を添えるサービスを発送することを可能にします。サーバの構成は、顧客の追加要求を満たすために、更にカスタマイズすることができます。


ネットワーク・システム

In-Bus_System_Architecture

ネットワークシステムの中心には、オンボードVODサーバーとバス電源システムに接続する9ポートのメインハブ(1入力、8出力)を備え、単一のCAT6ケーブルをを通じて、インターネットアクセス、メディアコンテンツ、および電源を座席デバイスに発送することができます。バスネットワークは拡張時、最大8つの8ポート側ハブ(1入力、7出力)経由で、最大56つの座席デバイスまでサポートできます。


デバイス管理システム

VIAはダウンタイムの瞬間がないように、デバイス管理システム(DMS)によって、デバイスをリモートで監視、制御および更新し、貴社の乗客が旅の全体を通して完全に楽しませることを確保します。VIAはフルバックエンドのセットアップを提供し、または顧客の既存システムにDMSサービスを迅速に統合することができます。

監視:装置状態および通知システムの遠隔監視

制御:パワーオン/オフやシステムの再起動などのエラーが発生する場合、オンラインに迅速に回復できるためのデバイスリモート管理を提供

更新:OTA(オーバー・ザ・エア)更新システムはソフトウェアアップデートによって、新機能やバグ修正を迅速に実行します


VIA Technologies, Inc.