EITX-3002 (EOL)

  • Em -ITXフォームファクター:17cm × 12cm
  • ロープロファイル設計
  • 両面配置のマルチI/Oコネクタコーストライン
  • DX9 3D/2Dグラフィックス対応の統合化VIA Chrome®9 HD搭載
  • MPEG-2、WMV9、VC1とH.264コーデックを対象としたハードウェアアクセラレーション

概要

VIA EITX-3002 Em-ITX マザーボードは

VIA EITX-3002は、1.0GHzデュアルコアVIA Eden® X2または1.2GHzデュアルコアVIA Nano® X2 Eシリーズプロセッサからの二者択一とVIA VX900Hメディアシステムプロセッサを結合することで、MPEG-2, H.264, VC-1, WMV9, およびBlu-rayコンテンツ保護のHDCPといった最新のHDビデオ形式でのハードウェアアクセラレーションに対応し、迫力のある1080pで表示します。デュアル独立ディスプレイに対応しており、デジタルサイネージにおける異なる解像度での個々のコンテンツ表示が可能です。

特別に開発されたスリムなラインのボードは、ユニークなデュアルコーストライン構成で、フル機能のI/O仕様を提供します。広範囲にわたる組み込みアプリケーションのために設計されたEITX-3002をベースとした装置は、高さ36mm未満のロープロファイルシステムでよりスリムな設計を作成するのに用いられます。

堅牢性のあるEITX-3002は、-10°Cから65°Cにわたる温度を含んだ過酷な環境下での絶対の安定性を提供します。デュアルI/Oコーストラインには、HDMIポート、VGAポート、2つのギガビットイーサネットポート、デュアルCOMポート、4つのUSBポート、2つのUSB 3.0ポート(オプション)、オーディオジャック、さらに電源とHDD動作表示LEDが含まれます。

VIA EITX-3002には、ATおよびATXモードの両方、DC 7VからDC 36Vの入力電圧をサポートするオンボードDC-DCコンバータが含まれています。内蔵の5ワイヤ/4ワイヤUSBタッチインターフェースにより、EITX-3002はハイエンドのインタラクティブなタッチスクリーン・マルチメディア・アプリケーションに非常に適しています。またVIA EITX-3002は、Windows® 7、Windows® Embedded Standard 7、Windows® Embedded Standard、Windows® XP、Debian LinuxおよびAndroid 2.2のオペレーティングシステムに対応しています。

VIA EITX-3002はユニークなEm-ITXフォームファクターをベースとし、VIA Eden® X2またはVIA Nano® X2 Eシリーズプロセッサの二者択一を搭載、およびボード裏側にはVIA VX900H MSPを配置することで、ボード上で利用可能なエリアを最適化することで、シンプルでファンレスなシャーシ設計を容易にします。

ダウンロード

EITX-3002 ドキュメント

ドキュメントバージョン日付
データシートv1306212013 07 21
マルチコアホットフィックスv1.002012 05 08
ユーザーマニュアルv1.062012 07 11

EITX-3002 BIOS / BIOS Flash Utility

ソフトウェアバージョン日付
BIOSv1.042012 07 07
BIOS Flash Utlitty for DOSv1.054a2013 05 22

EITX-3002 ドライバダウンロード

ドライババージョン日付
Windows® 7 32/64bit
Audiov8700e2012 05 09
Ethernetv1.37a2012 05 08
Hyperion Pro 4 in 1v3.20a2012 05 08
VGAv24.15.01b2012 05 08
WLANv1.1.0.22012 05 09
Windows® XP 32bit
Audiov8700e2012 05 09
Ethernetv1.69a2012 05 08
Hyperion Pro 4 in1v3.20a2012 05 08
USB 2.0v2.702012 05 08
VGAv20.15.01b2012 05 08
WLANv1.74a2012 05 09
Windows® CE6
Windows® CE6 BSPv6.01.482012 03 13
Windows® CE5
Windows® CE5 BSPv5.01.482012 03 13

Embedded Tool Kit (ETK)

FliteDeck consists of an SDK and a demo application of how these utilities can be integrated into a graphical user interface. FliteDeck SDK is an easy-to-use API that enables direct control of VIA embedded boards and systems. The demo GUI application, FliteDeck Master, shows how FliteDeck SDK simplifies and provides an efficient means for developing user friendly applications that are intuitive and easy to implement. FliteDeck is the catalyst between the developer and the hardware platform.

DownloadVersionDateDescription
FliteDeckv3.0.0.22011 Jul 27EITX-3002 Flitedeck SDK and utility for WinXP OS. Supports GPIO, WatchDog Timer, H/W monitor, LCD On/Off and LCD Brightness control

お問い合わせ

VIA Technologies Japan株式会社