先進運転支援システム:自動運転への架け橋

Bridge to Self-Driving Cars

ドライビング時における問題は……私たちが人間であるということ

自動車の発明は一見すると私たちにこれといった影響を及ぼさなかったように見えます。自動車は私たちのライフスタイルに多大な独立性をもたらし、行きたいところへ簡単に行けるようになりましたが、この独立性には代償が伴っていました。自動車は依然として人間が運転するものであるため、毎日のように自動車事故が発生することとなり、私たちはこの人的ミスの結果を受け止めなくてはならなくなりました。毎年130万人近くの人が自動車事故で死亡しており、1日平均3,287人が死亡、2000万から5000万人が負傷、または障害が残るような怪我をしています。誰もが未来では自動運転自動車が存在すると耳にしてきましたが、私たちは現在においてこれらの数字を減らすために何ができるでしょうか? その答えが、 先進運転支援システム(ADAS)とVIA Mobile360です。

ADASの成り立ち

ADASとはある種のフォームであり、新しい思想ではありません。モデルTから今日に至るまで、安全性とドライバーに対する安心感がメーカーの目標とされてきました。1950年代のカーブフィラーから1980年代のアンチロックブレーキシステムまで、ADASテクノロジーは日々進歩を続けてきました。このようなほんの小さな変化でさえも、事故や怪我を大幅に減少させることができました。けれども、VIA Mobile360などのテクノロジーの進歩により、人類は最終的に事故ゼロドライバーとなりうることができるのです。

センサー革命

コンピュータビジョンは、センサーを介して機器に周囲の物理的環境を学習させる1つの方法です。これらのセンサーは安価でありながら距離判断に優れたシンプルな赤外線センサーでも、非常に高精度ですが非常に高価な光検出と測距システムでもかまいません。各センサーはさまざまなアプリケーションにおいてその機能を発揮しますが、ADASにおける最高のセンサーはカメラレンズです。カメラレンズは低コスト、高品質の最高のコンビネーションを提供します。人工知能とのコンビネーションにより、ドライバーに潜在的リスクへの注意喚起を行うことができます。

人工知能革命

これまでコンピュータビジョンは画素分析のために特別に調整されたアルゴリズムを必要とする非常に脆弱で複雑なタスクでした。これらのアルゴリズムは柔軟性に乏しく、特定の条件下での使用に限られ、回転と照明の影響を受けやすいものでした。一例を挙げると、車両の識別にはさまざまな車種のアルゴリズムを記述しなくてはならず、明るい場所ではほぼすべての角度から正確に記述する必要がありました。けれども人工知能とマシンラーニングはこれらすべてを変えました。現在、自動車の識別に特殊なアルゴリズムは必要ありません。実際に、コンピュータは多くの自動車イメージから自動車の様子を学習し、これにより、高い柔軟性と精度がもたらされています。

ハードウェア革命

GPUまたはグラフィックスプロセッシングユニットは、本来テレビゲームのグラフィックスを高速化するための専用プロセッシングユニットでした。GPUは数学的演算において標準的なCPUよりも非常に優れています。行列演算はグラフィックス処理をバックグラウンドで支え、幸いなことにディープラーニングでも使用されています。近年、ハードウェアGPUsの速度の発展により、コンピュータビジョンは、上述したような状況における標準的なコンピュータビジョンのアルゴリズムに類似した問題を減少させるのに役立つディープラーニングネットワーク(人工知能の部分集合)を利用することができました。VIA Mobile360シリーズでは、組み込み式 Adreno™ 530 GPUを搭載した最先端のQualcomm® Snapdragon™820Eクアッドコアを採用し、優れた電力効率を実現しています。

先進運転支援システム革命

先進のグラフィックス、AI、コンピュータビジョン機能と以下のような特徴を兼ね備えた VIA Mobile360 ADAS では、よりスマートで安全なドライビングを実現します:

mobile360 ADAS Sample Kit

車線逸脱警報

運転中に気が散って、うっかり方向指示器を出さずに急に別の車線に入ってしまったことはありませんか?VIA Mobile360 ADASは、車線からの逸脱を警告します。

衝突警報

ドライビング中に前方車両との安全な走行距離を保つのを忘れてしまうということがありますが、現在では前方車両に接近しすぎると、1秒間に複数回の計算を経て警告が発せられます。

死角検知

VIA Mobile360 ADASは、車体の両側に搭載された2つの自動車グレードのFOV 50車載カメラレンズを利用して死角エリアのビューを確保し、それまで気付かなかった車両の車道への出現時に、ただちに通知を行います。

歩行者検知

人間である私たちはドライビング時に「トンネルビジョン」に陥り、他の車だけに注意を払うことがあります。幸いなことに、機械にはこのような問題は起こりえません。VIA Mobile360 ADASは、ディープラーニングを利用してドライビング中に歩行者への注意を促すことができます。

車両検知

4台のFOV-50車載カメラを備えたVIA Mobile360 ADASは、車両を検知し、それをもとに周囲との距離を判断します。

特殊車両、オートバイ、自転車の分類

VIA Mobile360 ADASは、消防車、警察車両、オートバイ、自転車といった特殊車両を識別することができ、安全を確保して高額な交通罰金が生じる状況を回避することができます。

速度検知

前方のカメラレンズが継続的にスキャンして速度制限標示を検出し、速度制限超過時に警告を発します。

後続車両追突警報

後方のカメラレンズが後続車両を識別し、後続車両が接近しすぎた場合には、追突を回避するために警告を発します。

本システムはVIA Mobile360 E-Trackと統合し、車両チーム管理者は、リアルタイムでの車両追跡、イベントとデータの記録、資産管理を行うための車両データやドライバーデータをクラウドから収集、管理することができます。カスタマイズされたイベントトリガーにより、管理者はいつでも重要な情報を受け取って適時対応することが可能となります。また、ユーザーフレンドリーなインターフェースでは、旅程レポート分析を簡単に作成することができます。

VIA Mobile360 ADASは幅広く活用できる理想的なソリューションです。

  • 装甲車および安全な貨物輸送
  • 一般バスと長距離バス
  • ごみ回収
  • 貨物輸送と配達
  • 建築、工業、鉱業
  • 農業、林業

将来、すべての交通手段が確実に自動運転モードへと変わっていきます。けれどもそれは、これらの変化が起こるのを待ちながら、20世紀のうちは運転を続けなくてはならないということではありません。VIA Mobile360 ADASを使用して会社の資産と従業員の安全を守り、自動運転との距離を縮めてみませんか?VIA Mobile360 ADASの詳細につきましては こちらまでお問い合わせ ください。

※本製品海外向けの製品となります。日本での発売はまだ未定ですのでご了承ください。
もしご興味いただけましたらメールにてお問い合わせください。

 

著者について

Jason Lee GillikinはIoT業界で6年の経験を有し、より優れたスマート製品の開発に協力。ノースカロライナ大学のコンピュータサイエンスと情報システムの修士号、物理学と化学の学位を取得。現在、VIAの事業開発マネージャーの職にあり、これらの製品の市場への展開を推進。ご連絡は LinkedIn または メールで。

VIA Technologies Japan株式会社