顔認識と VIP体験

VIP LEAD

顔認識技術は、顧客ロイヤルティの開発において大きな役割を果たしています。

ロイヤルティカード・スキームは、小売店で試行され信頼されているツールです。通常、小売店は買い物客のために特典や割引を行いますが、小売店が収集したデータは、これらの買い物客が誰であるか、何を購入しているか、次回にどのような買い物に興味があるかという重要事項を把握することができます。

ロイヤルティ・プログラムに明白な問題があるとしたら、店は、レジでカードをスキャンする時にはじめて、上客がいつ来店したかがわかるという点でしょう。その時点まで、上客は他の買い物客と同様の待遇を受けることになります。顧客との関係をさらに強化し、個別化したオファーに対してさらにお金を使ってもらうという機会を逃しているという事は言うまでもありません。

自動的に上顧客を見分ける

幸いにも、顧客ロイヤルティは顔認識システムが大きな影響力を及ぼす場です。今では小売店は、ネットワークに接続したカメラと特殊なソフトウェアを使用して、上顧客が店内に入ると、スタッフにサービスをする用意ができるように警告しながら、自動的に上顧客を見分けることができます。

OCBC 銀行は、2017年ホランドビレッジ 銀行で顔認識を展開しました。このシステムは、ラウンジに入った時点で銀行の主要顧客を見つけるために使用されています。いったんアラートが発されると、スタッフは顧客の名前を呼んであいさつし、(以前のやり取りに基づいて)リフレッシュメントや雑誌を差し出し、背景情報が自動的に表示されます。

Facial recognition can be used to identify VIPs
顔認識技術は、貴重な顧客を素早く、正確に、自動的に見分けることができます。

システムの導入以来、OCBC銀行は、銀行を利用した顧客から「プラスのフィードバック」を受けてきました。E Business Transformation および Fintech & Innovation group、OCBC Bankの会長、  Pranav Sethによると、 顧客は、「速く正確に確認されることによって、個別のもてなし」を受けることによって感銘を受けます。」[1]

重要なことは、 顔認識技術を導入すれば、ロイヤルティカードや身元を証明する必要がなくなるということです。 そのかわり、自動的に本人確認やメンバーシップが検証されるので、顧客は自分が歓迎されて尊重されていると感じるため、両者の間の信頼が高まります。

個別化したお勧め商品

米国に拠点を置く Lolli & Popsも、顔認識技術を実験中の企業です。成功を収めたこの菓子会社では、店内のスタッフが上顧客が歩いて入ってくると認識できるように、この技術を使用しています。同社によると、販売アシスタントは、顧客の以前購入した商品を思い出し、それに基づいて新たに商品を推薦するためにこの情報を使用することができます。この技術は、2018年全体でLolli & Pops の多くの店舗で展開を開始しました。 [2]
小売りセクターでの顔認識の持つ可能性は、数多くあり多様です。一つのビジネスにおいてもそうです。例えば、レストランでは顧客の持つ特定のアレルギーについて厨房スタッフに警告するために顔認識を使用することができる一方で、給仕係は個別化したメニューを推薦するために、同じ顧客データを使用します。

Smart displays showing personalised ads to shoppers via face recognition technology
事業主が顧客について知ると、さらに優れた個別化したサービスを提供できます。

顔認識により、小売店は確認したVIPユーザーに、的を絞ったプロモーションを提供することもできます。以前の購入品や消費額の総計を評価することで、上顧客は店内に到着すると特別オファーを受け取ることができます。これらのオファーは、ネットワークに接続したスマートディスプレイによって伝えられたり、特に顧客に対応するために置いたスタッフによって対面式で提供されます。

店内で専用のディールを提供すると、顧客は取引の中心に置かれます。このアプローチは、顧客がEメールでオファーを受け取った時に「購入モード」に入らず、しばしばお買い得品について忘れてしまって利用しない事を考えると、オファーをEメールで送信するよりもはるかに効果があります。今日の主流の顔認識システムには、感情、年齢、性別検出が組み込まれ、さらに人数計測を標準としています。それと共に、これらの技術は、小売店、銀行、レストラン、その他多くのビジネスに、上顧客をすぐに見分け、スタッフに彼らの存在を知らせて、 最終的には優れた顧客体験を提できるようにしています。

顧客との関係を向上し、VIA Smart Retail Engagement Systemの先進顔認識技術が皆様にどのように役立つかについては、こちらをクリックしてご覧ください。

VIA Technologies Japan株式会社