実店舗がオンラインショッピングと競合できる5つの方法

Shopping street on a busy day

顔認識は店内でより優れた顧客体験を提供するカギとなります。

オンライン小売店は、通常、実店舗やショッピングモールの衰退を引き起こしたという理由で非難されています。しかし、時代(および買い物習慣)は確かに変化しているものの、実店舗にはまだ活力が残っているというのが真実です。最近の調査によると 米国でのオフラインでの販売は、オンラインの販売よりも10倍多く、実際の買い物とウェブサイトでの買い物の比率はほぼ同じであるということです。

これらは、励まされる統計です。しかし、実店舗がインターネットショッピングによる脅威に本当に打ち勝つためには、独自のメリットを促進する必要があります。本記事では、実店舗がオンラインショッピングと競争出来る5つの方法と、顔認識技術がいかに大きな役割を果たすかについて見ていきましょう。

1. クリック&コレクト

オンラインの世界を利用すること (そして、その強みから学ぶこと)は、競争力を高めたいと思うビジネスにとって重要です。ウェブサイトは、製品やサービスを購入する標準的な選択肢を提供する事と同様に、 実店舗に人を来させるためにも利用できます。

このための重要なカギは、「クリック&コレクト」 サービスの利用です。これは、オンライン とオフラインの世界を完全に融合したもので、顧客に、便利な方法で購入品を受け取れる機能と組み合わせたオンラインショッピングの利便性を提供します。

GlobalDataの最新レポート によると、クリック&コレクトでの販売は、 2017年から2022年までの間に55.6%まで増加し、オンラインでの販売成長を追い越すだろうと言われています。

顔認識は、クリック&コレクト体験を向上させる事を約束しています。顧客の許可があれば、顔認識用カメラは、スタッフに注文品を用意できるように自動的に警告しながら、顧客が入店したらスキャンするために使用できます。また、これらすべては注文番号や個人的な詳細情報を要求しなくても行うことができ、実施速度を改善し、顧客の待ち時間を削減します。

Customer ordering using a Click & Collect service
クリック&コレクト サービスは、簡単なオンライン注文と、便利な同一日の受け取りを組み合わせたものです。

2. 向上したロイヤルティスキーム

ロイヤルティスキームは、店舗にとって恵みのようなもので、価値ある顧客が相手に気にかけてもらっていると感じさせ、販売を向上させるのに役立ちます。ロイヤル顧客が入店すると、他とは異なる応対やあいさつ、待遇を受けます。これは、オンラインの世界で特に不得意とされる点です。

顔認識には、顧客 ロイヤルティスキームを改善し、一つ上のレベルに引き上げるためのカギがあります。 実際に、いくつかのシステムが既に活躍しています。 例えば、アメリカのレストランチェーンのCaliBurgerは、自動化されたオーダーキオスクを導入しました。レストランのロイヤルティプログラムのメンバーである顧客が近づくと、自動的に個別化した食事のオプションを提示されます。

このような人間的な接触は、上顧客が入店するとスタッフが通知を受けられるように拡大することができます。この情報があれば、社員は名前を呼んで貴重な顧客に挨拶したり、以前の購入品に基づいて品物を勧めたり、さらには好きなスナックを提供することができます。

3.より実践的なアプローチ

顧客が問題に対処するのを助け、最高の買い物の選択に導くことのできるスタッフを持つことは、非常に有益です。これは、オンラインの世界が現在できないが、実店舗には可能な点です。同様に、この種類のアプローチによって、販売を促進しながら顧客との信頼を獲得しやすくします。

顔認識システムを追加することで、店舗はインターネット上のライバル店よりもいくつかの販売上のメリットを受けることができます。まず、店舗は自動的に業務の最も忙しい時期に対して計画するために、人数計測技術を使用することができ、顧客量に対処する十分なスタッフを配置できます。

第二に、感情検出には不満のある顧客を見いだす可能性があり、スタッフに、問題が大きくなる前に店内で対処すべき小さな問題があることを警告します。ウォルマートでは既にこれを行うシステムを計画しています。

顔認識は、また店舗での動きを追跡するためにも使用でき、一か所に長時間いる人を探すシステムを開発する事ができます。一か所に長時間いるという事は、彼らが決めるのに苦闘していたり、自分の欲しいものを見つけられなかったり、支援が必要なのかもしれないという事です。この場合も、これらの問題に対処するために自動的にその場にスタッフを派遣することができます。

Shopper taking advice on a purchase in a shop.
知識を備えたスタッフは、実店舗に対し、オンライン上のライバル店を超える重要なメリットを提供することができます。

4. 特別なターゲットオファー

オンライン店舗では、例えば他の顧客が購入したアイテムを勧めるなど、最先端技術を使用してスペシャルオファーを提供します。また既知の、あるいはログインしているユーザーにとって、 この推薦に背後にあるデータはさらに綿密に掘り下げられています。

このような種類の技術は小売り環境にも導入することができます。ビジネスが、頼ることのできる以前のデータを持っていない場合は、年齢や性別などの買い物客のデモフラフィック情報を収集するために顔認識システムを使用することができます。また、見る人に最もアピールしそうなターゲットオファーを生み出すために、スマートディスプレイを使用できます。

5. オーディエンスをさらに深く理解する

「 顧客について知る」ことは、全てのビジネスにとってのスローガンです。買い物をしている人について知れば知るほど、より良いサービスができます。店舗は顧客を直接見て、顧客が誰であるか、何を求めているかをさらに良く理解することができます。

前述したように、 顔認識技術は、顧客のデモグラフィックを自動的に監視することで、ワンステップ先に進むことができます。また、この情報を使用して、店舗は定期的に買い物をする人の詳細なイメージを構築することができます。このデータは、次に在庫の選択を通知するのに使用され、金銭の節約や運営効率の改善にも役立つ可能性があります。

顔認識カメラを使用すると、 店舗は、顧客が買い物をする時の製品の選択や、感情的な反応を監視しながら、店内のフローをさらに追跡することもできます。インドネシアでは、JD.com が、在庫や製品の陳列、店舗管理を自動的に最適化するのに役立つ監視カメラを使用した キャッシャーレス店舗 をオープンしました。

店舗内のフローを管理することで、オンラインが対抗できないような方法で追加販売を推し進めながら、顧客に通常見ないような製品を発見させるのに役立ちます。

技術によって、本通りの実店舗はオンライン小売店に反撃できるだけでなく、ウェブサイトではできないような機能とサービスを提供することもできます。VIA Smart Retail Engagement System が顧客関係を向上し、効率性を促進する方法についてはこちらをクリックしてご覧ください。

VIA Technologies Japan株式会社