人の顔認識がいかにして学生の効果的な学習をサポートするか

maximizing classroom performance

ますます人に知られている技術として、人の顔認識は今や発展のスピードが最も速いサイエンステクノロジーの一つとなっています。顔認識技術は年齢、性別や表情を判別するだけでなく、AIと結合して計算や統計分析も行うことができるので、その応用はセキュリティや金融だけに限らず、教育分野においてもその効果を発揮しています。顔認識は教室における教育の質を向上させるだけでなく、学生が専門課程に打ち込むサポートを行うこともできます。

顔認識は教師が学生の理解度を把握し教育の質を改善するのに役立つ

学生は授業に集中せず、居眠りをしたり携帯電話を使っていると、だらけているとか授業内容に興味を示さない、などといつも学生のせいにされます。しかし全ての責任を学生に押し付けるわけにはいきません。注意力が持続しない原因はおそらく教育の質にあります。教師の教えるスピードが速過ぎるとか、いつも同じ内容を繰り返しているとか、もしかしたらある学生にとっては合わない教授法のため、授業に集中できないのかもしれません。そこで、視覚、聴覚や文字を組み合わせて、最適な教授法を創り出すことが必要となりますが、人の顔認識技術を利用し、教師が各学生の授業中の表情や、学習に対する習慣、理解度を把握できれば、それにより授業のスピードや内容を変えることができ、学生の授業への参加度と学習に対する積極性を高めることができます。

 人の顔認識が学生の表情を分析し、既存のカスタマイズ化された授業に対する認識を覆す

カスタマイズ化された授業は近年来徐々に重視されてきており、多くの人がカスタマイズ化された授業が学生の個性の成長をサポートする鍵であり、学生に「なぜ」と考えさせることができると同時に、各学生固有の要求や興味によって授業を構成することが重要であると考えています。またハフィントンポストはカスタマイズ化された授業と「学校はサービスである」という理論が結びつけば、より多くの学生を中心とし、能力を結び付けるとともにインタラクティブな方法で学生に教えることができる、と発表しています。簡潔に言えば、カスタマイズ化された教育は教育方法全体を刷新し、人の顔認識技術はその中で非常に重要な役割を担うことになります。

まず第一に、人の顔認識技術は学生の日常の授業における反応を判別、保存、分析し、学生の興味がどこにあるかを見つけ、それにより学習計画を立てるサポートをします。またまだ余裕があるとか、特別なサポートが必要、などという、各学生の授業進度に対する受け止め方を教師に教え、学生が感じるストレスの程度や心情の変化を追跡し、これにより教師は漏れを補い優位性を更に強化することを目的として相応の準備をすることができます。最後に、人の顔認識技術は各学生が集中できる時間帯を教えてくれるので、教師は学生の集中力が最も高いときに重要な内容を教えるとともに、より興味を引く方法で学生が集中できる時間を延ばすことができるようになります。

備考:

我々は今年の夏休み、実習生を招いて顔認識の教育に対するサポートについて研究し、学生の発見と結果を発表することにしています。ここで我々はUniversity of NottinghamでComputer Scienceを専攻する実習生、李翰平さんに特に感謝を申し上げます。我々は彼の中国とイギリスにおける生活をまとめ、人の顔認識の教育面における重要な影響に関する文章を発表しました。我々はまもなく2番目の関連文章を発表することにしています。

 

お客様の将来の顔認識システムにおける技術および導入上の要求を更に理解するため、簡単なアンケートにご記入下さいますようお願いいたします。それにより当社はより多くのサポートをさせていただきます。

[bs_button size=”md” type=”info” value=”顔認識アンケートに記入、抽選にて高性能VIA Vtric Cableをプレゼントいたします。” href=”https://goo.gl/forms/C3wEkk4dJU4SLHRx2″]

当社のアンケートは2018年8月17日に締め切りとなっております。回答者の中から抽選で高性能VIA Vtric Cableが贈呈されます。
VIA Vtric Cableに関する更に詳しい情報はこちらをご覧くださいますようお願いいたします。

お客様のご協力に感謝申し上げます。

VIA Technologies Japan株式会社