顔認識の将来

facial recognition future

感情検出から安全なな支払に至るまで、顔認識の将来は明るいものです

私たちは明らかに顔認識の革命の開始地点にいます。 現在、この技術はセキュリティと関連づけられることが多いのですが、さらに多くのことが可能です。さらに大きいコンピューティングパワー、エッジ処理、クラウドコンピューティング、人工知能などがシステムをよりスマートにし、 人がどのように反応するか、およびどんな状態であるかを理解する能力を与えます。

顔認識が、将来開発され使用される方法をこちらでご覧ください。

感情検出

感情検出は、顔認識において次の重要な局面ですが、これが個人の特定だけでなく、どのように人々が感じるかを特定できるという見通しがあります。

このような技術の応用は素晴らしいものです。中国では、杭州第十一中学校が、 感情検出の試験 を行い、生徒とその幸福度を監視しています。30 秒毎にスキャンすることにより、システムは生徒が幸せか、混乱しているか、怒っているか、驚いているか、恐れているか、嫌悪感を抱いているかを確認することができます。システムはまた、注意レベルが低下したら教師にアラートを送ることもでき、クラスを改善したり、あるいはクラスの反応に基づいてカリキュラムを個別化するのに役立つデータを提供しています。

顔認識の将来-1
顔認識技術は、出欠を監視し、生徒の注意力を監視するために学校で使用することが可能です。

感情認識はビジネスにおいても大きな将来性があります。平安普恵(Ping An Puhui)という中国の小口融資企業では、申込者がローンを返済しそうかどうかを見いだすために 顔の表情分析 を開始しました。これは、詐欺の削減や、田舎の地域でのローンの成長の促進にも役立ちます。

感情検出により、店舗では買い物をする時の顧客の気持ちを監視でき、顧客の感じる苛立ちに対処することが容易になります。また、セキュリティ目的では、悩みを抱えた人や、疑わしい行動をする人物は誰でも自動的に見分けることができます。

顔認識は現在、多くの人物データをビジネスに与えています。しかし感情検出では、企業が顧客の理解をさらに発展させるのに役立ちながら、行動の裏にある理由を与えます。

年齢検出

顔認識システムは、常に人の年齢決定をさらに改善しています。人口統計収集に役立つのと同様に、年齢検出のアルゴリズムは、誰か年齢があまりに若すぎてある種の製品(アルコール飲料やタバコ)を購入できない場合に店員に警告を与えて、実際の小売り環境で役立つことができます。正確に年齢検出ができれば、小売業者は顧客の気分を害する可能性を削減しながら、法的責任をさらに維持することができます。

安全な支払い

これまでVIP顧客を見いだすのに使用できる顔認識システムを見てきましたが、将来のシステムは、さらに安全に買い物ができる方法を生み出しながら、同様の方法で支払いを可能にします。

杭州のコンセプトストアでは、ファーストフード店の 百胜中国(Yum China)が Smile to Payシステムを導入しています。いったんシステムに登録すれば、顧客はほほ笑むだけでキオスクで食品の支払いをすることができ、安全でスピーディーでコンタクトレスなモバイル決済を超える支払方法となります。

顔認識の将来-2
顔認識技術は、既に携帯電話の解除に使用することができます。支払いや旅行にフェースIDを使いませんか?

フェースID 技術 は、店舗、キオスク、自販機にまで登場する予定です。顔認識システムがドアパスに使用されているように、フェースID は、詐欺を削減し動作をスピードアップするために公共交通機関でも使用できます。世界中の空港では、既にペーパーレスの旅行体験を創造するために、この技術を試用しています。

セキュリティと治安維持の向上

顔認識は、現代の企業のセキュリティ戦略にとても大きな役割を占めており、現在ホワイトリストまたはブラックリストに載っている人物を見いだしたり、職場へのアクセスを許可あるいは拒否できるアクセス制御システムを備えています。将来的に、顔認識システムの力では、さらに先をいくサービス提供が可能となります。例えば、自動監視で、万引き犯を見いだしたり、スーパーのセルフレジで商品をスキャンしない人々を見つけることが可能になるでしょう。

もちろん、法施行機関も自動的にCCTVの撮影画像をスキャンして、既知の犯罪者をより早く発見したり、テロリストの攻撃を防止するために顔認識に頼っています。中国では、警察がカメラを装備したサングラス(顔認識システムに連結)を使用して、監視機能を拡大しながら犯人容疑者を発見しています。

既知の人物を見いだすための方法から離れて、顔認識は、ビジネスにおいて顧客に対するさらに広い見識を与えることができます。その一方で、消費者(同意した場合)は、やり取りがさらに簡単で安全な世界を活用することができます。 VIA スマート販売業務システムなどの製品で、 VIAが顔認識体験の開始方法をご覧ください。

VIA Technologies Japan株式会社