エッジAIがあなたの買い物の方法を変化させる。その方法とは?

Edge AI changes shopping

エッジAI技術の到来と共に、現在実店舗の小売店はオンラインショッピングに対して戦えるツールが持てるようになりました。

小売り取引でなるべく摩擦を取り除きたいと考えたオンラインとオフラインの店舗では、AIを利用しており、今後3年間には素晴らしい採用率が予測されています。

実際に、アメリカの小売店と技術コンサルタント、Coresight Researchの 最近のDeborah Weinswigの発表によると、小売産業でのAIの採用は、銀行業、製造、医療ケアをはるかにしのぎ、今後3年間には54%上昇すると予測されています。さらにアナリストは、2018年も小売店産業のAIの消費のトップは小売産業であると述べ、昨年だけでもその投資額は34億ドル、銀行セクター全体でも33億ドルとなっています。

未知の可能性「エッジAI

この素晴らしい採用率の背後にある理由とは、エッジAIには、オフラインでの購入決定での摩擦を取り除くだけでなく、ロイヤルティを奨励しリピート購入を促進するためにより深いレベルの消費者データの価値を追加しながら、オンラインとオフラインの小売店の間の隙間を埋める可能性があるということです。

スマートデジタルシグナチャーは、買い物客のエンゲージメントを向上できる、カスタム化 されたダイナミックな広告を提供できます。

されたダイナミックな広告を提供できます。益々向上する洗練したイマーシブなマルチメディアサイネージ(VIA ALTA DS 3 エッジAIキットなどのシステムを使用)とリンクすると、著しく向上した顧客経験を、従来の技術よりもはるかに簡単で効果的に生み出すことができます。

大規模でのパターンマッチング

最も重要なことは、AIアプリケーションが、既存のデータセットからトレンドや変則を見出して、それを使用可能な精度で今後の行動を予測するために使用できるという点です。例えば、過去の購入から、将来のニーズがどのようになるかを予測することができます。これは、おそらく犬を飼ったり世話をしているドッグフードの定期的な購入者などの明らかなものから、購入の定期性や重量に基づくさらに難解なものまで多岐にわたっています。AIは次新津購入されるか、何匹の犬がいるか、どんなサイズの犬なのかなどを簡単に予測することができます。

この種類の分析を何百万人もの個人に適用すると、非常に測定可能な結果やすぐに使用できるインセンティブが生まれます。

 予測配送を正確に狙う

しかしながら、小売店にとっての次の課題は以下の動機のための配送方法です。あまりに多くの経路がある現在において、どのように他の大多数のものから際立つことができるでしょうか?正確なモバイルターゲティングやリアルタイムでのデジタルサイネージを可能にする、ジオフェンシングなどの技術は、主要なメッセージをただちに個々の購入客に提供することができます。

これはすべて、 VIA ALTA DS 3 エッジAI システムなどのソリューションで提供することが可能であり、これによりコンピューティング、グラフィックス、デュアル4K ディスプレイに対応するAI処理性能が提供されます。また、これは豊富な接続オプションや、柔軟性のあるカメラ、非常にコンパクトなパッケージでのI/O周辺機器の統合能力などにも対応しています。

包括的な評価キット画像(EVK)にはAndroid 8.0が搭載され、Qualcomm Neural Processing SDKも含まれていますが、これらは開発者がCaffe/Caffe2、 ONNXまたは TensorFlow で訓練された1つ以上のニューラルネットワークモデルで実行できるように設計されています。人気のある使用例には、ストア、ホテル、レストラン、または会社、工場、アパートの建物などのスマートアクセス制御システム用のVIAスマート販売業務システムなど、マルチメディアを使用したあらゆるタイプ用のエッジAI設計アプリケーションが含まれます。

長期的なデータ投資

最新の支払い認証システムと組み合わせると、エッジAIをリテールで使用する明らかな利点が生まれます。これにより、実店舗は、効果性を最大限に伸ばして、足取りを効率的に利用することができます。コンタクトレス・ペイメントシステムの多様性と、柔軟な配送オプションの爆発的な成長(家庭への配送、店舗への配送、家庭での試着など)は、新しいリテールの進化や、エッジAI、そしてさらに先の道を追跡することができます。

エッジコンピューティングシステムとAIを活用すると、店舗は製品、価格決定、プロモーションについてさらにスマートに決定できます。

小売店の営業者は、より長期的なプレイは使用可能な顧客データに対する単純な投資であり、重要性と長期的な価値のみで成長しているアセットであるという認識を益々深めています。

興味深いことに、IBM の最近のレポートで確認されているように、短期的に見るとリテールでのAIの力は他の影響も与える可能性があります。企業は、小売業者がAIを使用する6つの方法について確認しています。第一位は(85%)サプライチェーンのプランニングと需要の予測、顧客のインテリジェンスは79%で3番目となっています。またマーケティング、広告、キャンペーン管理(75%)、店舗経営(73%)、価格付けとプロモーション(73%)がそれに続きます。

 顧客満足度の増加

これまで述べてきた「ハードな」メリットに加え、幅広い「ソフトな」メリットもあります。最も重要なことに、これは定量化できる顧客満足度に置けるメリットです。Capgeminiの最近の調査では、AIを使用している場合には顧客の不満が低く販売量が高いということが分かっています。実際、顧客に面する機能(スマート・デジタル・サイネージなど)でAIを使用している回答者の98%が、顧客の不平の数は15パーセントまで減少すると予想している中、99パーセントがAIにっよって最大15パーセント販売が増加すると予想しています。

実際の店舗の生活には今後も課題がある一方で、小売りの未来はますますデジタル化し、オフラインの小売店はこれを達成するために益々エッジAIに依存していきます。変化は一晩では起きません。実際、それは徐々に進むプロセスです。しかし、産業界が新たなイニシアチブに挑戦し新しい方向を試すにつれ、全体的な採用率も増加していきます。プラグアンドプレイのソリューションは、この新しい世界で重要な役割を果たし、既存のディスプレイと相互に働き、古くならないのと同様、新たなディスプレイ・ハードウェアの採用を促進することになります。

弊社までお問合せになりVIA ALTA DS 3 エッジAI システム で、小売り、ホスピタリティ、教育、企業、エンターテイメントなどの幅広い環境で、特定のエッジAIの条件のカスタム化をお手伝いする方法をご覧ください。

VIA Technologies Japan株式会社