2019年で最もホットなテクノロジートレンドは? Edge AIによるSmart Transportation、 Smart Retail、Smart Industry をご覧ください

Smart Transportation

テクノロジーの未来を予測することは困難です。しかし、VIA 2019年のイノベーションを促進するいくつかの主要テクノロジーに関与しています。

2018年を定義するテクノロジートレンドについて考える時、「デジタルトランスフォーメーション」、「クラウドコンピューティング」、「AI」、「マシンラーニング」、 「IoT」が心に浮かんできます。では、 2019年はどうでしょうか?

スマート・トランスポーテーション

今年は、スマート・トランスポーテーションがついに開始される年になるでしょうか?進行中のトレンドとして、都市部の自動走行バス、トラム、電車から、路上のスマート走行車やプライベート車などを含むスマート・トランスポーテーションは、非常に上昇傾向にあります。

多くの点で、スマート・トランスポーテーションは最高の状況にあります。エンドユーザーにとって利便性を高め、操作者にとってコストを削減する他、多くの場合、適切な対策に向けて規制の順守が確保されています。この技術はまた、重要な安全マージンを維持できる搭載型の拡張AI製品から、急速に縮小するセンサまでに及び、速いペースで成熟しています。初の実用的な LIDARユニットが屋根装着型のクレートだったことを考えてみてください。今や、これらはマッチ箱程度の大きさになっています。

VIAのコンパクトな Mobile360 M820 ADASシステムは、世界初の自動走行電気バスに統合されています。この Enchi 自動走行 EVバスは、2018年4月にデモが行われました。この例として、Edge AI ADASカメラは、前方衝突警告、車線逸脱警告、制限速度検知機能などの重要な安全手段を提供しています。

注目はロボットに

5G

2019年には、かつてないほどダイナミックなロボット工学の分野とプロ用ドローンが、完璧なイノベーションを経験します。向上したデータ機能(5Gと 802.11ax Wi-Fiの双方を含む) と共にEdge AI と大幅に改善されたカメラが一体化され、非常に優れたナビゲーションとマップ機能を提供します。

ここで重要な分野は、深度カメラでの成長です。これにより、ドローンやロボットは、ナビゲーション目的でも、 拡張現実 (AR)のためのエリアの書き込み、あるいはマッピング目的でも、3Dで環境をマッピングすることが可能になります。

VIA は、AIビジョンの 新興事業であるLucid と提携し、Lucidの進化した 3D Fusion Technologyを VIA Edge AI 3D開発者向けキットに埋め込みながら、このスペースでデュアルカメラ機器およびマルチカメラ機器にAIベースの深度検知機能を提供します。この緊密な統合により、エンタープライズ向け開発者にとって、歳入が重要となる新規事業立ち上げ段階で、かなりの時間が節約でき、ネイティブで深度検出をするために必要とされる高速スケーリングが可能となります。

さらにスマートなカメラとエンゲージメント

2019年、デジタルセキュリティはあらゆる分野で必ず重要な役割を果たします。カメラ技術での最近のイノベーションにより、顔認識は、世界中の何百もの公共スペースとビジネスで 実現可能な技術となりました。そして、2019年にはこのトレンドが拡大されると思われます。

Smart Camera

最速の成長セクターは、感情や行動、そして物体ベースの検出を提供する顔認識技術の上に構築された自動検出と分析になることは疑いもありません。

VIA ALTA DS 3 や VIA ARTiGO A920 などのシステムは、すでに中国のVIPカスタマーエンゲージメントで積極的に使用されています。これにより、小売店は、最高の得意客が、顧客ロイヤルティを確保しリピートコンバージョンを最適化するために利用できる最高のインセンティブを受けられるように確保できます。

産業用 IoT が成熟段階に

ワイヤレスセンサの信頼性が向上し、ますます小型化され、関連する制御と監視が成熟したため、産業用 IoTは2019年にトレンドとなり始めています。重機から発される周波数を監視する小型の超音波センサから、(電流のプロフィールを監視する)  FogHorn Lightningなどのリアルタイムのエッジインテリジェンス・プラットフォームまで、潤滑油不足の機械類などの予測保全問題を確認する業務は、ますます自動化されています。

Industrial IoT

この傾向の利点を実際より低く評価することはできません。なぜなら、これは予定外の保守によりダウンタイムを最低限に抑えると共に、致命的な故障となる前に問題を確認することにより操作費用を抑えるからです。事業の非重要期間に、緊急な主要作業の予定を決定できる能力は特に魅力的です。これは特に産業界が、収益を最大限に高めるために、益々ジャストインタイムで24時間型作業の方向に進んでいるためです。

全体的に見て、 2019 年にはこれらの主要分野でかなりの進化が見られると思います。早期に採用した多くの人がバーチカルに定着している一方で、これらのセクターは依然として成熟が速くなっています。遅く採用した人も初期学習を加速化し、重要な初期の足場を構築できる有力なSDKや開発者用キット ( VIA Edge AI および VIA Edge AI 3D開発者向けキット) の力を利用することができます。

VIA Technologies Japan株式会社