Edge AI ウェアハウス: フルフィルメントの未来

Edge AI Warehousing: The Future of Fulfillment

かつてはSFのように思えた事も、今では急速に科学的な事実となっています。ウェアハウス用アプリケーションでの自立ロボットの使用は、2019年以降主要なトレンドとなります。

ロボットシステムとドローンへの世界規模での支出は、2019年には2018年より17.6パーセント増加して合計で$1157億ドルになり、またこの傾向は2022年まで継続し、支出額は$2103億ドルに達するとIDCでは予測しています。

IDCアナリストのJohn Santagateによると、世界の最大企業2,000 社のうち60パーセントが2021年までに自立移動ボットを展開するとされています。フルフィルメントに関する厳しい物流課題があるため、同セクターでは本製品を特に早い時期から採用しています。

オムニチャネルを目指す

コスト効率やスタッフ管理などのよく知られた市場ドライバーが、このストーリーの一部となっている可能性もあります。しかし、面白いことに根本的な条件は「即時性」です。世界中の26か所の注文フルフィルメントセンターで10万台以上のロボットが稼働するアマゾンが先駆けとなっているように、リテーラーと企業のサプライヤーにとっても重要な点は、翌日配送とオムニチャネルのフルフィルメントです。これらはAI やEdge AI ロボット工学の背後で益々促進されています。

これは活気のある市場であり、2018年11月には、物流企業の DHLが、 需要に追いつくために北米の倉庫の60パーセントでロボットやIoTセンサーを設置するという3億ドルの近代化プログラムを発表しました。その一方で、中国のアリババはすでに作業の70パーセントでロボットを使用していると言われています。

Edge AI Warehousing: The Future of Fulfillment

予測出荷は、新しいアイディアというわけではありませんが、予測出荷回数はビジネスにとっても消費者にとっても減少しているため、ほぼ即時配送を行うためには、地域のハブではなく配送倉庫にストックを事前出荷できるという能力が重要となっています。ここでは、 最先端の AI フルフィルメントの戦略が、日時や郵便番号によって、どの品目やブランド、量が必要とされるかを予測(学習)しています。

顧客ロイヤルティとリピートスペンドは同日配送モデルにおいて重要です。ここでは、ウェアハウスロボットによって可能になる24時間体制の作業や、(ロボットの大部分には不要な)ウェアハウスの暖房、照明の節約が組み合わされ、市場での加速が全体的に理解できるようになっています。

オンデバイスのインテリジェンスが精度を高める

さらに大きな見通しを作りあげることができる、完全に調整した、 よりスマートなAIを使用したフルフィルメントのバックエンドでは、選別や梱包は技術というよりも科学であることが必要です。ここでこそロボットが本当に力を発揮しています。2,3の例を除き、 (オレンジの入った袋など)自動選別や梱包は非常に予測可能であると同時に、時間と費用を節約し、AI使用のフルフィルメントチェーンの基本的な要素にもなっています。

益々強力化していくオンデバイス処理とは、ローカルネットワークの帯域幅で秒速で誘導するために使う、より高速で依存性の低い携帯機器を意味します。その一方で、非常に向上したデプスセンシング技術によって、梱包速度と精度は業界トップのレベルにまで達することが可能になっています。例えば、イギリスのOcadoのロボットウェアハウスは、通常わずか5分間で50ものアイテム・ショップを選別することができます。

Edge AI Warehousing: The Future of Fulfillment

トレンドを導くデプスセンシングのイノベーションは、面倒で高価なレーザー技術から一歩離れて、デプスセンシングカメラ技術へと進んでいます。これは、遥かに低い単位原価で、物質的に面倒が少なく、より協働環境に簡単に適合できるものです。例えば、来るVIA Edge AI 3D 開発者キット KitのAI デプスソリューションには、小型の VIA SOM-9X20 モジュールとLucid専用の3D Fusion Technologyが含まれていますが、この組み合わせは、デプスセンシングで必要とされる高速スケーリングと取り組み、ネイティブのマルチカメラに対応するほか、電力、コスト、スペースのオーバーヘッドを削減しています。

健全な開発者コミュニティ

このロボットの開発者コミュニティが活況を呈しているのは不思議なことではありません。 VIA Edge AI 開発者キット などの専用の開発者キットは、次世代のEdge AIシステムやデバイスのコストや設計、テスト、展開を大幅に削減するコアハードウェアやソフトウェアのパッケージを提供しています。

安価で入手しやすい開発者キットは、既存の企業がロボットウェアハウジングのプロトタイプに参入する障壁を低くするだけでなく、若いイノベーターが既存の問題に対して新たな方法を使用することも奨励しています。この考え方は、現在Amazonの年間「picking challenge(選別課題)」やRobotics Best Paper Awards in Manipulationなどこの分野の幅広い競争や課題によって進められています。

未来はオンデマンド

Edge AIを使用するウェアハウスロボットの市場が進化し続ける一方、それを可能にする技術によって幅広い新規企業の機会も現れると考えられます。その一例は、オンデマンドでのウェアハウジングです。ここではスペースの所有者が必要に応じて、自由自在なベースでリースすることが可能であり、広大なアマゾンのようなフルフィルメント・ネットワークだけでなくあらゆるビジネスに「ラストワンマイル」を提供します。米国とイギリスの新規事業は、既にこれらのオンデマンド・サービスを提供していますが、これらはEdge AIを使用したウェアハウスロボットの特性であるリアルタイムの可視性と高速選別と梱包にかなり依存しています。

VIA Edge AI 開発者キット は、緊密に統合されたパッケージでEdge AI ウェアハウジングなどのアプリケーションでデプスセンシングの能力の開発を開始したいと考えている全ての機器メーカーが対象です。この分野が飛躍的に成長を続けることは確実です。なぜなら、フルフィルメントの緊急性が増加し、生産性の価値が向上し、24時間操業の価値がさらに広く認められてきたためです。皆さん、フルフィルメントの未来へようこそ。

 

VIA Edge AI 開発キットの詳細は こちらをクリック

 

 

VIA Technologies Japan株式会社