技術は至る所にある。エッジAIは圧倒するデータに対するソリューションとなるか?

Edge AI the solution to data overwhelm

データの増加が私たちの時代を決定づける最大の特徴であることは、疑いありません。人間が生み出すデータの成長率と量は驚くほどです。2017年、私達は1日で250京バイトのデータを生み出しており、この曲線は、2020年までに1.7Mb(一人、1秒に付き)と著しくなると予測されています。実際、これは世界の人口の一人当たり1時間、6GB程度の量です。

企業レベルのデータ管理から個人データに至るまで、データ処理は私たちが直面する最大の課題であるというのは事実です。実際、「ビッグデータ」は現代のビジネスのあらゆる面を益々促進しており、膨大な速度で発生している静かな革命といえます。製品の販売であれ、工場の機械の効率性であれ、モデリングの性能により、企業はサプライチェーン全体で効率性を促進しながら、よりスマートな決定を下すことができます。

データを利用する時代

アナリスト企業のForresterは、グローバルなビッグデータソフトウェア市場は、2018年には310億ドルになり、前年度よりも14%伸びるだろうと予測していました。また2018年のグローバルソフトウェア市場全体での収益は6280億ドルになり、そのうちアプリケーションからの収益は3020億ドルとなるという予測もありました。別のAccentureの研究では、ビッグデータを利用しない企業は競争上の立場を失い絶滅する可能性があるという事に企業の重役の79%が合意していることがわかりました。

IoT技術とロボティクスを、エッジAIコンピューティングと組み合わせると、工場を「スマート工場」に変えることができます。

しかしビッグデータは一般化しつつある用語であり、潜在的に示しているデータは毎日多様化しつつあります。個別データのストリームは膨大にあり(ソーシャルメディア、スマートホーム情報と購入、バンキング・クレジット情報など)、これらはエッジAIの実装に向けたトレーニングや実世界のモデルを求める小売業者にとって益々重要になっています。また、ネットワーク関連の「マシーン・トゥ・マシーン(m2m)」データもあり、現在ではモノのインターネットによって、工場現場からサプライチェーンを経て、エンド顧客の場まで拡大しています。

価値を抽出

またAIの成長により、これらの巨大なデータストリームを完全に使用できるようになりました。企業は潜在的に関連性のないテラバイトのデータに圧倒されていた状態から、わずか数年でこのデータを分断して捨て、セグメント化し抽出することができる状態になりました。実際に、ビッグデータとAIプロジェクトは見分けがつかなくなってきました。これは、マシーンラーニングやディープラーニングなどの手法が、大量の高速で移動するデータを処理できる、コスト効率の高いパワフルなソリューションとして認知度を深めているためです。この提携により、しばしばいわれる「ビッグデータの5つのV(量、速度、多様性、正確性、価値)」が理解できるようになってきました。

このデータにさらに効率的に対処するための次の発展段階は、VIA Edge AI 開発キットなどの技術を使用した、エッジAIソリューションの展開です。この多様なハードウェアにより、単に膨大なデータ量を中央化したクラウドホストされたAIに戻すのではなく、データ入力を分類、優先化して、応答しながら、ネットワーク全体をインテリジェントにすることが可能になります。この大転換の結果はすでに目に見えており、例えば、セクター全体がこれを利用して再編成しています。例えば、 ウエアハウスでのエッジ AI ロボティクスの使用がますます増加している事は、消費者とビジネスの期待をも変えつつあり、また同様にあらゆる種類の企業が、物流に妨げられることなく効果的にスケールすることが可能になっています。

VIA ALTA DS 3 Edge AIシステム

同様に、リテール環境で、エッジAIは店内での購入による摩擦を取り除き、ブランドが更なる顧客との関係を構築できるようにしながら、リテーラーがビジネスを行う方法を変えています。スマートサイネージや、インタラクティブキオスクではVIA ALTA DS 3 Edge AI システムなどのデバイスが使用されており、デュアル4Kディスプレイや包括的なニューラルネットワークモデルサポートを統合しています。これらはオンラインとオフラインのリテールの隙間を埋めつつあり、素晴らしい結果を出しています。

看板やキオスクのコンパクトエッジAIシステムは、顧客エンゲージメントと利便性を促進できます。

前述したように、IoTはビッグデータに斬新な効果を及ぼしており、エッジAIと組みあせた場合は特にそれが顕著です。IoTに向けた電力効率の進化は、ワイヤレスセンサーは比較的簡単に、遠隔地や工場現場などほぼすべての場所に設置できるという事を意味しています。それと同時に、向上したデプスセンシング技術によって、3Dマッピングと非常に正確なプロッティングをより低電力のデュアルカメラで行い(電力消費量の高いレーザーとは反対に)、新世代のプレシジョンセンサを発展させることができます。

ビジネスを加速

来るVIA Edge AI 3D 開発者キットは、AIベースのデプスセンシング能力をネイティブでコスト効率の良いパッケージに収めたLucidの最新の3D Fusion Technologyを組み込むことによって、この機会をあらゆる規模の開発者に開きます。

つまり、ビッグデータは範囲と規模において加速しているだけでなく、エッジAIは膨大なデータから価値を得て管理するために欠かせないツールとしてすでに堅固に確立されているということです。このデータを扱う素晴らしい手法は元には戻らないため、新しいエッジAI戦略とより良いトレーニングモデルの試験を行うべき時がついにやってきたといえます。

VIA Edge AI と VIA Edge AI 3Dエッジ開発キットなどの製品で、あらゆる種類のエッジAIの発展と展開を加速するためにVIAに何ができるか、その内容についてご覧ください。

VIA Technologies Japan株式会社