進出する自律走行車市場の状況についての概要

自律走行車

新しい自律走行車市場の状況への見解はいくつもあります。ここでは3つの分野に分けて、なるべく簡単な意見を述べたいと思います。

市場シェアにあまりにも多く占めしているのは、新しい車両の分野です。もちろんこれは、全世界の自動車メーカーが、半自律走行車の運転支援と機能を最新モデルに統合していることや、将来的に完全な自律走行車の開発に膨大な資金を投じていることを考えると、驚くことではありません。むろん業界全体を率いるテスラもそうです。これは、市場シェアが非常に低いにもかかわらず、これらの車両が提供する優れたユーザー体験によって、消費者の認識という点で他の産業を率いることは確かです。

自律走行車市場-2

新市場の規模はおよそ9000万台であり、約7000万台の乗用車と、2000万台の商用車両から構成されています。インテリジェント運転支援および安全機能は一般的に高級モデルのみに搭載されており、追加機能として販売されている一方で、低価格、道路交通安全法の厳格化、競争の激化などの要素が複合して、次の10年には標準となるといっても過言ではありません。実際に無数の運転支援、安全性、エンジン制御、環境、乗客の快適性、インフォテインメント・アプリケーション用の電子機器は、将来的に、2020年の数値である35%に比較して、全車両の費用の50%を占めるようになるでしょう。

自律走行車市場-3

まだこれらが発生の段階にあることを考えると、ラストワンマイル商品配送と人々の輸送用アプリケーション用の次世代のAGV (宅配用自動運転車)およびLSEV(低速電気自動車)の分野の規模についてはほぼ予測ができません。しかし、中国のMeituan(美団)およびCainiao(菜鳥)、米国のアマゾンなど主要なオンライン・プラットフォームによる現在の大規模な投資から判断すると、その可能性は膨大です。またこのセグメントの原動力は、主として個々の購入ではなくサービスの提供に基づいているため、従来の自動車産業とは非常に異なったものになります。

追加のデータ点として、2017年には約175万台のLSEV(低速電気自動車)が中国で製造されました。東南アジア、インド、アフリカなどの混雑した都市で、汚染のひどいトゥクトゥクに代わり、安く環境にやさしい代替製品を求める需要が高まっていることを考えると、この新しいクラスの車両の成長の可能性は非常に頼もしいと言えます。公共交通が整っていない田舎の地域や、従来の車両の使用が禁止されている都市部では、さらに成長する機会があります。

自律走行車市場-4

三番目であり最後の市場区分は、「衝突事故」の保険詐欺を防止して保険料を削減することが必要なことは言うまでもなく、車両の安全性、操作性、効率性を促進するインテリジェント運転支援の統合を必要とする路上走行車から構成されています。このセグメントは、非常に細分化され、低コストの車載カメラから、都市部のバスや採掘車両用の非常に高度なADASやサラウンドビューシステムまでに及んでいます。また、世界中の政府が道路での事故やビジネスによって発生する怪我や死亡事故を削減するためにさらに厳しい法律を展開しており、消費者がこれらの新たなスマート自動走行技術がもたらす効率性と安全上のメリットを理解しているため、この分野には十分な機会があります。

自律走行車市場-5

自動車市場の巨大な規模や、バッテリー、自動走行、他の多くの技術において進行する破壊的な影響力を考えると、多様な産業の企業の多くが、多くのエントリーポイントから狙いを定めていること、また多くのアナリストやジャーナリスト、コンサルタント、他の様々な専門家が、産業自体にではなく世界的な社会経済的基礎構造におけるこの重大なシフトの意味を検証するレポートを常に発行していることは驚くことではありません

本投稿は、弊社がダイナミックな市場にVIA Mobile360システムとプラットフォームを加速して展開するにつれて、VIAの体験を共有したいという目的で作成しました。

 

VIA Technologies, Inc. VP International Marketingリチャード・ブラウン、出典:BrownBeat.net

 

 

VIA Technologies Japan株式会社