公共交通機関における犯罪行為を減らす

公共交通機関における犯罪行為を減らす

整然としかつ負担可能で高効率な公共交通機関は主な都市を成功に導く足がかりです。私たちは将来、グリーンで安全かつ機動力のあるスマートシティに期待すると同時に、よりインテリジェントな交通方式を必要としています。この点は非常に重要であり、乗客の安全性を徹底的に高めることが必要です。

これらは全て重要な問題が存在していることを指摘しています。現在の輸送の基礎施設はどうか。それらに対しどのように調整や改善を行い、車両内外の安全基準を高めればよいのか。これらはいずれも我々が、お客が現在のビジネスモデルをスマートシティの状態に高める際に直面する課題です。ではこれらの重要な要素を見てみましょう。

科学技術開発の潜在能力

既存の輸送に関する基礎設備を更新する点において、大都市は最も困難な挑戦を受けることになるでしょう。これらは世界でも人口が最も密集した土地をカバーしており、ある場所では最も煩雑な通りや高速道路を有しています。これらのエリアの安全性を高めることは、通常ドライバーにできるだけ協力を提供することを意味してます。

そのうちの一つの方法は先進運転支援システム(ADAS)を使用することです。当該システムは既存の公共バスに統合することで、死角の検出と車線離脱警告を含む、確実な道路の安全における優位性を提供するとともに、ドライバーが衝突を避けるより進んだ機能をサポートすることができます。

もう一種の方法はドライバーを監視し疲労の痕跡(瞼が下がったり居眠りをしたりするなど)や、運転中に携帯電話を使用したりものを食べたりするという不必要な行為を検出することです。益々多くの輸送業者はドライバーに関心を寄せたいと願っており、ドライバーは車両における最も重要な要素となっています。

当社はまた視野の改善にも協力しています。360度外部撮影レンズは視野が広く、ドライバーが外部の状況を全面的に理解する手助けをし、それにより状況認識能力を著しく高めることができ、例えば歩行者が無意識のうちに道路上の死角を徘徊していても、ドライバーは危険をすばやく察知し直ちに反応することができます。

しかしこれらはただ歩行者や他の道路使用者を保護するだけではなく、また乗客の安全のためのものです。

交通犯罪率は上昇中

馬車による輸送時代から、公共交通における乗客の安全は一貫して重要なテーマであり、輸送に関するサイエンステクノロジーが顕著な発展を見せているものの、全てのセキュリティ分野が改善されたわけではありません。実際に、都市中心の公共輸送における乗客の安全について言えば、状況は正に後退しているという証拠があります。

問題の深刻度は、ロンドン(イギリス)などの大都市が検証の良い例で、例えば、2017-2018年のロンドン地下鉄では4,734人の負傷者が報告されており、これは2016-17年に比べ5.3%増えています。また2017/18年度の地下システムにおける犯罪率も23.6%増加し、人数は去年に比べ2,557人増加しました。これらの問題はイギリス特有のものではなく、ニューヨーク警察によると、ニューヨークの地下鉄では2018年の総犯罪率比は2017年に比べ3.8%増えており、これらは明らかに憂慮すべきものです。

乗客の安全を高め、犯罪を減らす

私たちはどのようにしてロンドンやニューヨーク等の大都市における交通ネットワーク犯罪の問題を解決すべきでしょうか。当社は現在正にいくつかの主要都市に置ける顧客と提携していますが、彼らは現在公共バスと地下鉄の車内にスマート監視機能、特に既存のシステムにより多くのビデオカメラを増設することを考えています。

内部撮影システムは犯罪予防に対するビジュアル的な抑制作用を演じており、乗客やドライバーにとっての悩みである軽い窃盗や攻撃事件の数を減らすことができます。ビデオカメラの存在はまた軽微は破壊行為を予防し、メンテナンスコストを抑えることができると同時に、乗客のサービスに対する見方を向上させることもできます。更に乗り逃げの発生率を抑え、運営業者の利潤を高めることができると同時に、違法者を起訴する際の証拠映像の提供に役立てることもできます。

将来は更に一歩進め、医療における緊急事態を発見したり、疑わしい小包を直ちに検査するなど、Edge AI技術は画像や動作、物体判別にも使用できるようになるでしょう。そしてこれらは都市住民の安全性を高めるだけでなく、乗客に対し干渉したり日常の正常な輸送操作に対し障害を与えることもありません。

世界的な輸送システムを再構築する

VIAは現在多くの運営プロバイダーと提携し、前述の技術を統合し公共交通輸送における更なる安全を図っています。当社でもVIA Mobile360 ADAS360° サラウンドビューシステムなどのソリューションを調整し、顧客の特別な要求を満たし、車両とドライバーの監視機能を高め、通勤者の安全感を更に高めています。これらは皆カスタマイズ化された技術で顧客の要求を満たすものであり、併せて顧客が提供するサービスを発展させ、スマートシティのモデルとなることをサポートします。

VIA Technologies Japan株式会社