スマートシティにおける公共輸送の新時代

スマートシティにおける公共輸送の新時代

高効率な公共交通システムは全ての主要都市において成功の足がかりとなっており、幾多の大都市で生活し働いている住民や通勤者に必要となる機動性を提供しています。しかしスマートシティの推進に伴い、政府はますます大きな圧力を受けており、それらが提供するサービス、汚染、犯罪や公共安全等の問題を改善しなければなりません。多くの都市、特にそれらの輸送インフラが老朽化している都市にとっては重大な挑戦となっています。

未来のスマートシティを造る

世界の多くの都市では今正に次世代テクノロジーによりこれらの課題を解決しようとしており、特に混雑した都市環境においてより安全な交通ネットワークを構築することが重要となっています。多くの無人道路プロジェクトが全世界において実施されていますが、VIA Mobile360 ADASのようなソリューションは最終的なフルオートメーション化を実現するための貴重な第一歩であることが証明されています。

うれしいのは、ADAS(先進運転支援システム)は既存の交通ネットワークに「スマートシティ」の優位性を実施かつ提供できることで、そのためには交通基礎施設全体を見直すことが急務となっています。これはスマートシティの道路への重要な鍵となるもので、既存の基礎施設を改善し実質的な付加価値効果を加えることで、運転手、乗客及び他の道路使用者により安全なサービスが提供できるようになります。

ADASとスマートモニタリングは互いに補い合う

ADASはさらに他のスマートモニタリングテクノロジーと組み合わせることもでき、公共バスの外の状況をチェックできるだけでなく、内部モニターにより乗客を保護することも可能です。例えば、ADASの車載システムは公共バスや地下鉄の車内のモニタリングも可能にします。VIAの最新車載システムは最大9台の防犯カメラをサポートし、1つのユニット内に統合することができるので、車内モニターシステムの拡張に対し十分な柔軟性を提供します。

当社の技術チームは、高度に統合されたADASの優位性を提供する他、犯罪の予防と乗客の安全に有利なシステムを構築し、さらには公共バスの特定の要求に合わせカスタマイズしたソフトウェアを使用することで運営業者の要求を満たすことも可能であることを証明しています。またそれだけではありません。Edge AIテクノロジーはいつの日か顔認識を実現し、タダ乗りを防ぐことができるほか、支払い認証システムにも使用できることが期待されています。

同様に、当社は運転手の行為をモニターするシステムを統合し、運転手の潜在的な危険状況を検出し、車両の安全性をより高めたいと考えています。それは道路上において運転手が携帯電話を使用しているのを発見するか、疲労の痕跡に注目するかに関わらず、まぶたが下がりあくびを繰り返した場合、システムはこれらの行為を検出し、自動的に運転手に警告を発するとともに、車両チーム管理センターに画像を送り、その画面をより詳細に調査できるようにします。

スマートシティはまだ構築されていないわけではないが、ますます成熟している

ADAS、Edge AIとスマートモニタリングテクノロジーにより現有の交通基礎施設を改善することは、全世界の大多数の都市においてすでに実行されている戦略です(唯一真の障害は、十分に成熟したモバイルネットワークの基礎施設です)。多くの政策決定者は未来のスマートシティは既存の枠組み上に構築できるとことを認識しており、我々の現有のシステムを解体することは実行可能かもしれませんが、それは非現実的であると言えます。

VIAは顧客と協力し、多くのスマートシティプロジェクトにソリューションを提供しています。当社は、ますます多くの顧客が運転手のモニター、360度サラウンドビュー、ADAS及び乗客のセキュリティ、又はそれらを組合せた全面的かつ柔軟なシステムが提供されることを求めていることを知っています。当社は単一のソリューションサプライヤーとして、オーダーメイドのソリューションを提供する分野において豊富な経験を積んでおり、各伝送サービスプロバイダーの特殊な要求、広範囲かつ多彩な要求や、往々にして多層なカスタマイズ化を必要とする要求を満たしてきました。

主要都市を改変する重大な任務はすでに進行しています。VIAは、通勤者、歩行者、運転手が安全であると感じる公共輸送ネットワークの構築の手助けをしたいと考えており、これらは当社が毎日絶えず学習している困難な任務でもあります。

VIA Technologies Japan株式会社