CESアジア2019:中国電気自動車、AIスタートアップ及び5G

CESアジア2019:中国電気自動車、AIスタートアップ及び5G

午前8時にケリーホテルに到着した時、私の注意は、即座に世界18か国から550の展示業者を誘致したCES Asia 2019の巨大な会場、上海新国際エキスポセンターに惹きつけられました。CES アジアに参加したのは今回が初めてでしたが、特にこのイベントが家族と共にアメリカに移住する前に14年間住んでいた上海で開催されたことに胸の高まる思いがしました。私はカリフォルニア大学バークレー校を卒業したばかりで、VIA Technologies, Incのマーケティングインターンとして働くために上海に戻ってました。

CES Asia 2019では、自動車、AI(人工知能)、5G、VR/AR (バーチャルリアリティ/拡張現実)など幅広い産業界の画期的な技術と製品を展示していました。最新のEVや自動走行技術のデモを行っている自動車産業は、特に強い存在感がありました。

電気自動車

Teslaが電気自動車工場のGigafactory 3の建設で上海政府との取引を発表して以来、上海はアジアで電気自動車の開発・製造の中心地となってきました。電気自動車は、従来のガソリン駆動の自動車よりも環境に優しいため、中国で人気が高まっており、コスト、範囲、性能の点で従来の自動車に匹敵しつつあります。

このショーで最先端車両技術を発表したメーカーは約70社ありますが、そのうち約15社が新しい電気自動車を発表しました。電気自動車を生産している多くの中国ブランド、Hozon、Aiwave 、Enovateなどは、N4 、N5でデモを行いました。例えば、Hozonは、L2自動走行と透明性のある未来型のAピラー設計の初のSUV車、Eutrka 01を発表しました。77Gミリ波のレーダーを搭載したEutrka 01は、ユーザーが潜在的な路上の危険物を確認するのにさらに役立つことが見込まれます。

同様に、メルセデスも新しいEQCを発売しました。同社にはBクラスの電気自動車やスマートのシティスターが既にあるため、この中型SUV電気自動車が「メルセデス」初の電気自動車というわけではありません。しかし、これらの過去のモデルには、短距離と範囲という問題がありました。新しいEQCは、幅広いパフォーマンスを提供するだけでなく、GLCやCクラスなどの他の燃焼エンジン車と共に大量生産も可能です。中国と海外のOEM(相手先商標製造会社)は、電気自動車の開発にさらに重点を置いています。総合的に見て、中国の販売会社は自動車への先進技術の統合にさらに焦点を絞り、メルセデスなどの他の販売会社は電気自動車の大量生産と商業化に興味を示しています。

CESアジアで展示された車両技術を使用すれば、よりスマートで安全な運転体験への変革が、期待できます。ほとんどの自動車会社にとって高レベルの自動走行が現在の目標であり、市場の基準が高まるにつれて競争はより激化していくと思われます。将来的には、5Gが信号帯域幅の送信など、ほとんどの自動車会社が直面している既存の障壁の多くを解決し、自動走行の達成のために現在開発中のAIプラットフォームに組織的に統合できるようになるでしょう。

AIスタートアップ

中国のAIスタートアップのエコシステムは、同イベントで強力な研究開発能力を示しました。Horizon Roboticsのブースには、車両のインテリジェンスと自動走行技術の開発を促進する、同社のマトリックス・プラットフォームが展示されました。同社は、このプラットフォームを使用すれば、車両はL3 および L4の自動走行を達成することができると述べています。またHorizonは、NavNet およびLidar検出ソリューションによるリアルタイムマッピングや検知の実現も示しました。

自動車産業におけるもう一つの重要なスタートアップは、NavNetです。これは単眼カメラの視覚認識アプリで、データ収集、認識、ディープラーニング、SLAM(同時位置決め地図作成)技術による16カテゴリのマップのベクトル化を行うものです。Lidarセンシングソリューションは、歩行者や車両をリアルタイムで検出します。同社は、これまでアウディ、ボッシュ、BYD、中国長安汽車集団、上海汽車集団(SAIC)など、ティア 1のOEMと協働してきました。

5G

5Gの世界は急激に接近しています。5Gには携帯電話やインターネット用の巨大なアプリケーションがあるだけでなく、自動走行の開発にも関連性があります。例えば、5Gには信号帯域幅伝送の問題を解決する見込みがあり、自動走行車の開発にとって非常に重要な部分となっています。5Gのネットワークは、このように車をより安全にコネクテッド化します。しかし、インフラはまだ熟していないため、大部分の自動車会社はブースやデモではこの技術について少し述べるだけに抑えており、最新の新車両や自動走行技術の促進にはるかに焦点を絞っています。

結論

国内外のメーカーを含め、自動車産業は上海でのCESアジアで大きな存在感を示していました。電気化と自動走行に向かう傾向は急速に勢いを増し、中国は将来的にこの移行の促進において、中心的な役割を果たすと思われます。

 

この文章はVIAのインターンZac Yuによって書かれた。

VIA Technologies Japan株式会社