駅構内ソリューション

IoTの普及につれ、自動チケット発券、待ち行列管理、情報表示によって乗客の利便性を高めるだけでなく、リアルタイムのビデオ監視による安全性とセキュリティを向上させる、革新的なスマートアプリケーションとサービスの開発が可能になります。

鉄道駅、バスターミナル、空港、倉庫、駐車場のいずれであっても、VIAは将来のスマート交通機関の建設に必要なツールを提供します。豊富なマルチメディアとHMI機能をシームレスなI/Oと無線接続を組み合わせたVIA駅構内ソリューションは、スケーラブルなシステムプラットフォーム、スターターキット、およびIoTアクセラレーションプラットフォームを幅広く取り揃えており、最も要求の厳しい環境においても、迅速なカスタマイズが可能で、信頼性の高い24時間365日の動作を提供します。

コアアプリケーション

VIA駅構内ソリューションは、次のコアアプリケーションを通じて、乗客の利便性と安全性を高めるとともに、運用効率と投資対効果(ROI)も向上させます。

  • データ収集:

    豊富な無線およびI/O接続オプションにより、乗客、商品、車両の流れ、チケットの取引、機器の状態など、重要なデータを取得、通信します。

  • データ分析:

    リアルタイムデータ処理と分析により、収容力の最適化、行列で待つ時間の最小化、および収益の最大化を実現します。

  • 監視と制御:

    リモートの24時間365日のビデオ監視と制御により、セキュリティと安全性を強化します。

  • 乗客向け情報表示:

    豊富な使いやすい形式でのナビゲーション、チケット、スケジュール情報およびサービスを提供する高度なマルチメディア機能により、乗客の満足度を高め、運用コストを最小限に抑えます。

 


 

VIA IoTアクセラレーションプラットフォーム

VIA IoTアクセラレーションプラットフォームは、超高信頼性、高性能のシステムハードウェアと、タッチ、音声、および無線インターフェースを使用したマルチメディア・リッチ・アプリケーションおよびサービスの迅速な開発を可能にする安定したソフトウェアフレームワークを組み合わせています。このプラットフォームは、スマートな旅客向け情報表示、チケットとメーター、ショッピングとストレージ、また駅、空港、駐車場、その他の交通機関の環境を監視するための高度にカスタマイズ可能なソリューションを提供します。

 

乗客向け情報表示

この柔軟で信頼性の高いプラットフォームは、ビデオウォール、サイネージ、インタラクティブキオスクなどの乗客向け情報表示アプリケーションの開発を加速します。豊富なシステムハードウェアとソフトウェアのカスタマイズオプションが、お客様の導入ニーズに精確に対応しています。

チケット発券とメーター

このスケーラブルなプラットフォームは、運輸用ハブ環境におけるチケット発券およびメーターアプリケーション向けに、迅速な設計・開発環境を提供します。高度なマルチメディア機能、安定したソフトウェアフレームワーク、また数多くのI/Oおよび無線統合オプションにより、このプラットフォームは複数の取り扱いタイプと支払い方法を処理するように設計できます。

 

ショッピングとストレージ

この多才なプラットフォームにより、運輸ハブ事業者は、自動化ショッピングや荷物保管のアプリケーションやサービスを提供し、乗客の利便性を向上させることができます。豊富なI/Oと無線接続に、強力なマルチメディア機能を組み合わせることで、特定の導入要件に合わせて迅速にカスタマイズすることができます。

監視と監督

この信頼性に優れたプラットフォームは、運輸用ハブ環境での乗客の安全を向上させる複数のHDカメラをサポートし、さまざまな監視および監督プラットフォームを提供します。豊富なシステムハードウェア、カメラ統合、およびソフトウェアカスタマイズオプションが備わっています。

 


 

スターターキット

VIAスターターキットは、乗客が豊富なマルチメディア形式で、関連する交通情報を閲覧、操作できるようにすることで、安全性とセキュリティを確保、利便性を高め、運用効率も向上させる手頃なHMIおよびシステムの開発を加速します。

VIA SOM-6X50

このスターターキットには、コンパクトなシステム・オン・モジュール、そして内蔵のWi-FiとBluetoothを搭載したオプションのリファレンスキャリアボード、およびLinux BSPが含まれており、スマート運輸向けサイネージとHMIシステムに、多目的で費用対効果の高いソリューションを提供します。

VIA HMIパネル表示スターターキット

本スターターキットは、高度に統合されたボード、オプションの17”ディスプレイ、およびLinux BSPを備えており、HTML5ベースのデジタルサイネージアプリケーションが、幅広い運輸向けマン・マシン・インターフェース(HMI)使用シナリオに対して柔軟で信頼性の高いソリューションを提供できるように最適化されています。

 

VIA HMIタッチパネルスターターキット

本スターターキットは高集積ボード、オプションの10.1″ LVDS投影型静電容量式タッチスクリーン、オプションのWi-Fiモジュール、および最適化されたAndroid 4.2 BSPで構成され、タッチベースの産業向けマン・マシン・インターフェース(HMI)アプリケーションに手頃な価格のソリューションを提供します。

VIA VAB-630 3.5″ SBC

このスターターキットは、高度に統合された3.5″SBCフォームファクターマザーボードとオプションの10.1″タッチパネルスクリーンを組み合わせており、インタラクティブなマルチメディアキオスクやサイネージシステム向けに堅牢なソリューションを提供します。

 


 

VIAシステム

VIAシステムは、信頼性の高い24/7動作と、高度な機能とパフォーマンスを組み合わせることで、世界各地のオペレーターに採用され、幅広いデータ追跡、乗客向け情報表示、セキュリティと監視アプリケーションにおいての、世界各地のますます多くなるオペレーターに採用されています。これらには、数多くのカスタマイズオプションを備えた堅牢でスケーラブルなシステムが幅広く含んでいます。

VIA AMOS-3005

高性能ファンレス堅牢なシステムで、データ集約型の処理および監視シナリオ、またマルチメディア・インフォテイメント・アプリケーション向け超高信頼性と高性能を備えたソリューションです。

VIA AMOS-820

堅牢な超小型ファンレスシステムで、運輸施設の監視と制御アプリケーションに最適な低消費電力ソリューションとなり、幅広いハードウェアおよびソフトウェアのカスタマイズオプションも備えています。

VIA ARTiGO A600

超軽量ファンレスシステムで、運輸施設と設備のエネルギー管理向けのデータ収集および可視化アプリケーションに理想的で、柔軟なシステムプラットフォームです。

 

VIA ARTiGO A1250

この高性能、豊富な機能を備えた超薄型システムは、あらゆる環境に簡単にフィットし、幅広いデジタルサイネージ、キオスク、セキュリティおよび監視アプリケーションに適しています。

VIA ARTiGO A1300

この堅牢な超小型ファンレスクアッドコアシステムは、幅広いミッションクリティカルなサイネージ、キオスク、HMI乗客向け情報表示アプリケーションに設計されており、豊富な接続性とネットワーキング機能を統合しています。

VIA VIPRO VP7910

10.4” TFT LCD抵抗式または投影型静電容量方式タッチスクリーンを備えたこの高性能ファンレスパネルPCは、低消費電力、静音なオペレーション、また数多くのI/Oポートを必要とする産業用HMIアプリケーション向けに最適です。

 

VIA ALTA DS 2

この超小型ファンレスのAndroidメディアプレーヤーは、幅広い産業用デジタルサイネージおよびデータ表示アプリケーション向けに、デュアル独立フルHD画面をサポートしています。

 


 

速なカスタマイズ

VIA駅構内ソリューションは、要求の厳しい産業用アプリケーション向けに、ハードウェアおよびソフトウェアの最適化とカスタマイズを迅速に行なうモジュールを使用して設計されています。 主なカスタマイズオプションは次のとおりです:

 

周辺機器との統合

VIA駅構内ソリューションは、UART、USB、GPIO、およびHDMIポートの幅広い選択により、さまざまなレガシーと最先端車載システムやデバイスに柔軟な接続性を提供します。GLAN、Wi-Fi、4G、およびGPSオプションは、リアルタイムのナビゲーションと車両監視および制御アプリケーション向けの高速ネットワーク接続を確保します。

運用環境の最適化

VIA駅構内ソリューションは、堅牢なフォームファクター、低消費電力、および幅広い動作温度範囲を備えており、もっとも苛酷な環境で動作できるように最適化することができます。

ソフトウェアのカスタマイズ

豊富なAndroid、LinuxおよびWindowsソフトウェア開発の専門知識、そしてVIA Smart ETKを含む、使いやすいBSPとSDKなど、完全なソフトウェアカスタマイズサービスを提供します。数多くのプラットフォームにわたって、VIA駅構内ソリューションの互換性、性能、I/O接続、および周辺統合を最適化します。
.6


製品イメージ

テクニカルサポートをお探しのかたは、こちらをご参照ください。

 

VIA Technologies Japan株式会社