EPIA M (EOL)

  • MPEG-2デコーディング アクセラレーション機能付きの統合AGPグラフィック
  • 2個のオンボードIEEE 1394ピン・ヘッダ
  • オンボードフロッピーピンヘッダ
  • LVDS/DVIサポート(アドオンカード必要)
  • TV出力サポート

概要

EPIA M Mini-ITX マザーボードは

VIA EPIA M-シリーズのMini-ITXマザーボードは、今日のキラー·デジタル·アプリケーションに最適な、画期的な超コンパクトx86プラットフォームです。わずか17cm x 17cmというサイズはネイティヴX86マザーボード·プラットフォームとしては世界最小で、Microsoft® Windows®と Linux にも完全に対応しています。また、VIA EPIA M-シリーズは超低電力のファンレス·システムに組み込まれるVIA Eden® ESPプロセッサコアでも、あるいは需要の高いデジタルマルチメディア·アプリケーションに組み込まれるVIA C3™E-シリーズのプロセッサでも使用できるので、あらゆる小型フォームファクタ、低電力デジタルメディア·デバイス、およびホームエンターテイメント·センターにとって完全なプラットフォームを提供します。

VIA EPIA M-シリーズのVIA Apollo CLE266チップセットには、非常に滑らかにデジタルビデオ再生のできるエンベデッドMPEG-2アクセラレータと、豊富なマルチメディア体験の可能な統合2D/3Dグラフィックスが実装されています。また、VIA EPIA M-シリーズには大容量メモリ帯域幅のDDR266 SDRAMと高速データ転送できるATA-133が搭載されているので、現在普及しているデジタルメディア·アプリケーションに必要な高い性能レベルが保証されます。さらに、5.1サラウンドサウンド·サポートと無償で提供されるオンボードVIA VT1616 6チャンネルAC’97コーデックによって、デジタルメディアの性能は一層高められています。

ブロードバンド接続に関しては、IEEE 1394とUSB 2.0のほか、S-Video出力、RCA TV-Out(NTSCとPAL)および10/100イーサネットがサポートされているので、シームレスな接続が実現できます。なお、VIA EPIA M-シリーズは最新のLVDS内蔵LCDパネルをサポートするとともに、エンベデッド拡張オプション用にPCIスロットが一つ用意されています。また、Mini-ITX本体およびFlexATX、MicroATX本体に対して十分な互換性があります。


ダウンロード

EPIA M ドキュメント

ドキュメントバージョン日付
ユーザーマニュアルv1.522012-01-31

EPIA M Documentation

ソフトウェアバージョン日付
BIOSv1.162010-03-15
BIOS Flash Utility for DOSv1.022004-10-14

EPIA M ドライバダウンロード

ドライババージョン日付
Windows® XP 32bit
Audiov3.40b2004-10-14
Ethernetv3.12004-11-03
Fast InfraRedv1.20d2004-11-03
Hyperion Pro 4 in 1v4.432002-11-26
USB 2.0v2.542004-11-03
VGAv16.94.39.142004-11-03

お問い合わせ

テクニカルサポートをお探しのかたは、こちらをご参照ください。

 

VIA Technologies Japan株式会社