顔認識の将来

facial recognition future

私たちは明らかに顔認識の革命の開始地点にいます。 現在、この技術はセキュリティと関連づけられることが多いのですが、さらに多くのことが可能です。さらに大きいコンピューティングパワー、エッジ処理、クラウドコンピューティング、人工知能などがシステムをよりスマートにし、 人がどのように反応するか、およびどんな状態であるかを理解する能力を与えます。感情検出から安全なな支払に至るまで、顔認識の将来は明るいものです

続きを読む

顔認識の動向レポート: 92.4%の参加者が顔認識システムの構築に興味があり

facial recognition survey

調査によると、顔認識は高い需要を含んでおり、92%の回答者がこの技術を基礎としたシステムの構築に興味を示しています。セキュリティ保護が最も歓迎されたターゲットはアプリケーションで計37%、次に小売り百貨業で20%、工業18%、教育が12%と続いています。

続きを読む

顔認識で、よりスマートな店舗を創造

Facial recognition and retail equals smarter stores

Millerが顔認識技術で計画したことはこれではありません。「当社の目的は、クレジットカードでの支払いを、顔ベースの支払いに変えていくことです。顔認識は、レストランや小売産業が、デジタル世界でアマゾンなどの小売店で顧客が体験するような、構築された世界と同じ種類の利点と利便性を提供できるようにする、より幅広い戦略の一部となっています。」

続きを読む

顔認識と VIP体験

VIP LEAD

顔認識技術は顧客ロイヤルティの開発において大きな役割を果たしています。ロイヤルティカード・スキームは小売店で試行され信頼されているツールです。通常、小売店は買い物客のために特典や割引を行いますが、小売店が収集したデータはこれらの顧客が誰、何を購入しているか、次回にどのような買い物に興味があるかという重要事項を把握することができます。

続きを読む

実店舗がオンラインショッピングと競合できる5つの方法

Shopping street on a busy day

顔認識カメラを使用すると、 店舗は、顧客が買い物をする時の製品の選択や、感情的な反応を監視しながら、店内のフローをさらに追跡することもできます。インドネシアではJD.com が、在庫や製品の陳列、店舗管理を自動的に最適化するのに役立つ監視カメラを使用した キャッシャーレス店舗 をオープンしました。

続きを読む
VIA Technologies Japan株式会社