VIA、JapanTaxiと協業によるスマートIoTモビリティシステムを発表

japan-taxi_781x512

最新のスマートなオンデマンドサービスにおいて、
堅牢かつ拡張性の高い車内装置が実現する、快適で安全な乗車体験

2016年3月14日 東京-VIA Technologies, Inc.は、特殊車両向けモビリティシステムAMOS825を発表しました。この製品は、主に特殊車両向けに開発され、通信機能やインターフェース、モニターまでも提供するものです。

また、グループ売上高で日本最大のタクシー会社である日本交通株式会社のIT子会社であるJapanTaxi株式会社の車載システムでの多くの経験とVIAの持つハードウェアの開発力を合わせた製品となります。

このシステムは、IoTの持つ接続性と知的能力を用いて、車両の運行管理から各車両への指示、連絡といった、よりスマートでオンデマンドなサービスを実現。コスト削減と安全性、利便性を高めることを可能にします。

JapanTaxiが採用したスマートモビリティシステムは、小型で耐久性の高いVIA AMOS-825車載用システム、7インチタッチパネルで構成され、さまざまな主要拡張機能を持ち、厳しい路面にも耐えられるよう設計されています。その主な特徴は以下の通りです。

  • 9-36Vの入力電圧と、広範囲な温度に対応
  • 洗練された電力管理
  • イグニッションで制御されるクイックブート
  • 7Grmsの耐振動と70Gの耐衝撃
  • 正確なトラッキングとナビのために調整されたGPS
  • 将来クリティカルな車両のスピードや燃料消費データ取得のため、CANバスのサポートも可能

「2つの会社が変化の激しいマーケットニーズを満たすため、それぞれの分野の知識を組み合わせてシナジーを発揮することで実現できるイノベーションを姿を完璧に表しています」と、VIA Technologies, Inc.の国際マーケティング担当副社長Richard Brownは語ります。「VIA AMOS-825のような高度にカスタマイズ可能な車載システムにより、世界中の商業交通を営むお客さまへ、即座に本来の仕様にあわせることのできる柔軟で信頼性の高いプラットフォームを提供することをお約束します」

「VIAとの密接な協力により、当社はタクシー会社の車にスマートなIoT機能を追加することにより、イノベーションに満ちた新しい乗客へのサービスをもっともスムーズに実施する手段を提供します」と、JapanTaxi株式会社の山本智也氏(リードエンジニア)は語ります。「このシステムの投入は、当社のスマートなオンデマンドの交通を促進するという当初の長期ビジョンの最初のステップです」

VIA AMOS-825車載システムに関する仕様はこちらをご覧ください。http://www.viatech.com/ja/systems-ja/industrial-fanless-pcs/amos-825/

本プレスリリースに関する画像については、こちらをご覧ください。http://www.viagallery.com/via-products/via-embedded-arm-solutions/via-amos-825/

VIA Technologies, Inc.について

VIA Technologies, Incは、M2M、IoT、そしてビデオウォールやデジタル看板からヘルスケアや工業オートメーションにわたるスマートシティ向けアプリケーション向けの高度に集約された専用プラットフォームとシステム製品の開発で世界の最先端を走っています。本社は台湾の台北市にあります。VIAの世界ネットワークは、アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアのハイテクセンターと直結しており、顧客基盤は世界中の最先端のハイテク、通信、消費者向け電化製品メーカーにわたります。http://www.viatech.com/

JapanTaxi株式会社について

「IT×交通、モビリティ・イノベーション」をテーマに、タクシーを中心とした交通・モビリティ分野のソフトウェア・ハードウェア開発を行う企業です。「移動」で人を幸せにすることを目指して、ソフトとハードの両面で「タクシーの乗車体験」というUXを徹底的に追求。タクシー産業の明日を創ります。

JapanTaxiが提供する「全国タクシー」アプリは、タクシーのご注文をアプリのみで完結できる日本初の、そして全国47都道府県、日本のタクシーの10%を呼べる日本最大のタクシー配車アプリです。http://www.japantaxi.jp/

VIA Technologies, Inc.