AIダッシュカム-革新的な車両管理の推進

ドライブレコーダーは初期における繋がらないこと、かさばって重い、低画質な映像レコーダーから、今日に至るまで長い発展期間がありました。現在、高画質デュアルカメラ、4G無制限テクノロジー、CANバス、さらにはAI事故防止やドライバー監視などはいずれも車載情報通信システムへの統合と応用がなされ、これらの日毎に発展するデバイスはすでにこれまでのドライブレコーダーの総和を遥かに凌いでいます。

ドライブレコーダーはすでに長い時間をかけて発展してきました。それらの初期における低品質センサーのかさばって重いタイプから、今日におけるインテリジェントでネットワーク化され、コンパクトなタイプへと大きく進歩してきました。それはデバイス自身の動力を提供するハードウェアに反映されているだけでなく、運営業者が現在展開中の車載通信、ビッグデータ、人工知能、クラウドとディープラーニングテクノロジーによりいかにして車両の安全と効率を高めるかを理解するためのサポートも行っています。

これらは裏に隠されたサービスであり、真のイノベーションを加速させるとともに、各規模の車両オペレーターを徐々に解体するものでもあります。現在のAIダッシュカムの強力な機能はハードウェアとクラウドに基づくアプリケーションとサービスであり、このような組み合わせはすでに印象的な成長を成し遂げています。最近のある研究レポートによると、純ハードウェアの面では、全世界のドライブレコーダー市場は今後5年以内に17.3%の複合年間成長率で成長し、2024年には53.8億元に達すると予測しています。

ハードウェアの革新

サポートサービスは車両運営業者にとっては特に重要ですが、一般の観察者から言えば、現在のドライブレコーダーのハードウェアの改善は最も顕著なものです。数年前、典型的なドライブレコーダーにはVGA解像度のカメラ、移動式ストレージデバイス(映像素材の管理に用いられるSDカードなど)と小型携帯電話仕様のバッテリーが配備されていました。時代を今日まで早送りすると、VIA Mobile360 D700 AI ダッシュカムなどの最先端の製品と比べるとその差は歴然としています。

VIA Mobile360 D700 AIダッシュカムから見れば、2つの超高画質1080P撮影カメラを採用し、50fpsの放送画質で車両の前方だけでなく、後方やキャビン内部までも撮影します。これらのカメラはHDRをサポートするSony iMX307 CMOSセンサーを採用しており、初期のブロック状のVGAデバイスとは大きくかけ離れています。それらはさらに広角レンズの提供をも含み、盲点をなくしています。

初期のドライブレコーダーから見れば、これらの仕様は大きな飛躍ですが、それはただ元の数字に表れているだけではありません。デュアルカメラ設計は基本的なドライブレコーダーよりはるかに優れていますが、それはドライバーを監視できることも含んでおり、マイナス面もあれば(ドライバーの注意力が散漫になり事故を起こしやすい)プラス面もあります(事故発生前にドライバーに注意を促すことができる)。

AI雙向行車紀錄器

この他、キャビンと前方道路の高解像度レンズは事故と関係のある揉め事が発生した際に特に役に立ち、フレームごとに提示することで明確で争う必要のない証拠を提供し、詐欺や虚偽の賠償請求という心配を完全に除去します。

将来とのリンク

現在のSDカードの大容量と高性能を考えれば、SDカードが依然としてほとんどのドライブレコーダーの記憶媒体として搭載されていることはごく自然なことです。例えば、VIA Mobile360 D700 AI ダッシュカムには内蔵SDカードスロットが配備され、最大512GのSDカードをサポートし、長距離走行においても十分な容量を確保できます。

Wi-Fi 802.11 b/g/nは車両がワイヤレスネットワークの範囲に入ると、素材が自動的にアップロードされることができ、OTA更新時のデータコストを最低限に抑えることができます。

当該デバイスは4GワイヤレスとGPSをサポートしているので、正確な定位データを提供でき、クラウド管理ポータルを通じ、リアルタイムのルート追跡と監視を行なうことができます。またリアルタイムに交通規制や事故に基づいて路線を調整し最適化する機能は、車両運営業者のコストを大幅に削減できます。さらに車両CANバスデータ(アイドリングの時間、燃料消費、速度と走行距離など)を分析しキャプチャーすることにより、さらなるコスト節減を可能にしています。

これらの情報は車両管理者がドライバーの規律を改善し、アイドル時間を減らし、燃費を節減することにより、さらなる最適化を可能にします。それはまたある重要なセキュリティネットワークを提供しました。設置されているイベントトリガーにより、車両管理者は随時最新の状況を理解でき、事故発生時には積極的に回答し、ソリューションを提供するので、突然かかってくる電話に応ずる必要をなくしました。

実際にはこれが正にデータ価値を最大化する能力であり、各車両管理業務の大きな変革を代表しています。長期に渡り、オンボード車載通信システムを使用することにより、基本的なコンプライアンスの追跡を行ってきました。例えばGPRSとGPS観測を使用し、運転士が規定に従い休憩を取ることを確保してきました(EU規則に基づき、全ての商用運転行為はドライブレコーダーに記録する必要があります)。コンピュータビジュアル、AIとクラウドコンピューティングのイノベーションは全て新たなアプリケーションと新たなユースケースにおいて画期的な成果をあげています。

新たな車両管理の革新を推進

燃料コストの節約、車両の摩耗の軽減、メンテナンスと消耗品、保険コストと詐欺的な賠償による支出、限界的な安全の改善など、潜在的なメリットは巨大であり、従業員の作業環境を改善します。

クラウドの豊富なフォーマットのキャプチャーと大量の関連データの処理により追跡と分析を行なう機能が増えるのに伴い、VIA Mobile360 D700 などの新型AIダッシュカムのように、それらのデバイスは初期のものに比べ、大きく進歩しており、かつ数え切れないほどの新たな車両管理の確認を推進し、車両の効率と安全性を高めています。

VIA Mobile360 D700 AI ダッシュカムについて更に多くの情報を知りたい場合は、ここをクリックしてください。

VIA Technologies, Inc.
VIA Technologies, Inc.