空港での顔認識が開始

airport facial recognition

顔認識技術は、大勢の群衆の中で正しく人を確認するために使用するときに、本当に優秀さがわかります。私たちは既に、強力なアクセス制御システムが建物、店舗、学校、スタジアムで展開されている姿を目にしています。したがって、空港や他の輸送ハブでの顔認識の使用が、次のステップとなると考えられます。しかし大きな課題があります。例えばロンドンのヒースロー空港は、世界で最も規模が大きく忙しい空港であり、81社の航空会社が使用し。

続きを読む

5 顔認識の成功事例

success story

犯人の逮捕から行方不明の子供の追跡に至るまで、顔認識技術は私たちの生活方法を改善しています。現代の顔認識技術が社会に及ぼす影響を見過ごすことは困難です。この技術が劇的にセキュリティを向上させてプロセスを自動化する能力については既にみてきました。例えば店内のカメラが窃盗を減らすのに役立っている一方で、ビル内での最先端のアクセス制御システムは、従来の(そしてしばしば厄介な)ドアパスにとって取って代わっています。

続きを読む

顔認識によって店舗での窃盗を減少させる方法

cut theft

セキュリティガードは、全ての万引き犯を捕まえることはできません。しかし現代の顔認識技術では、それが可能です。万引きは、店舗にとって大きな問題です。調査によると、アメリカの店舗での窃盗による被害額は、 2016年に500億ドルまでに達しています。

続きを読む

顔認識で、よりスマートな店舗を創造

Facial recognition and retail equals smarter stores

Millerが顔認識技術で計画したことはこれではありません。「当社の目的は、クレジットカードでの支払いを、顔ベースの支払いに変えていくことです。顔認識は、レストランや小売産業が、デジタル世界でアマゾンなどの小売店で顧客が体験するような、構築された世界と同じ種類の利点と利便性を提供できるようにする、より幅広い戦略の一部となっています。」

続きを読む
VIA Technologies Japan株式会社