変化につながる促進力:デプスセンシングがAIと出会う

Depth Sensing AI

デプスセンシング技術は、少なくとも一般的にわかりやすいという点で、しばしば携帯電話と関連性があります。しかし、デプスセンシングのストーリーはそれよりも深く、近い将来に最大の市場形成要因の一つになることは疑いもありません。ではどの程度の規模でしょうか?最近のアナリストのレポートは、 世界規模のデプスセンシング市場は2017年の38.7億ドルから2023年までに74.3億ドルに成長し、その期間の年平均成長率(CAGR)は11.64%となると予測しています。

続きを読む

Edge AIはインダストリー4.0の為に助力する

Edge AI Industry 4.0

世界中のメーカーは、競争上の優位性とモノのインターネット(IoT)への早期の関心を維持することに大きなプレッシャーを受けており、AI技術は、進行中のデジタル変換プログラマーへと成熟しつつあります。実際、業務を最適化するために産業用IoTを活用することが確立され、「インダストリー4.0」と呼ばれています。インダストリー4.0のエレベーターピッチは、「最上階」を「製造現場」につなぐことにより、製造プロセスのほぼすべての分野で、効率性を向上させることができます。

続きを読む

技術は至る所にある。エッジAIは圧倒するデータに対するソリューションとなるか?

Edge AI the solution to data overwhelm

企業レベルのデータ管理から個人データに至るまで、データ処理は私たちが直面する最大の課題であるというのは事実です。実際、「ビッグデータ」は現代のビジネスのあらゆる面を益々促進しており、膨大な速度で発生している静かな革命といえます。製品の販売であれ、工場の機械の効率性であれ、モデリングの性能により、企業はサプライチェーン全体で効率性を促進しながら、よりスマートな決定を下すことができます。

続きを読む

エッジAIがあなたの買い物の方法を変化させる。その方法とは?

Edge AI changes shopping

エッジAI技術の到来と共に、現在実店舗の小売店はオンラインショッピングに対して戦えるツールが持てるようになりました。小売り取引でなるべく摩擦を取り除きたいと考えたオンラインとオフラインの店舗では、AIを利用しており、今後3年間には素晴らしい採用率が予測されています。アメリカの小売店と技術コンサルタント、Coresight Researchの 最近のDeborah Weinswigの発表によると、小売産業でのAIの採用は、銀行業、製造、医療ケアをはるかにしのぎ。

続きを読む

Edge AI ウェアハウス: フルフィルメントの未来

Edge AI Warehousing: The Future of Fulfillment

ロボットシステムとドローンへの世界規模での支出は、2019年には2018年より17.6パーセント増加して合計で$1157億ドルになり、またこの傾向は2022年まで継続し、支出額は$2103億ドルに達するとIDCでは予測しています。IDCアナリストのJohn Santagateによると、世界の最大企業2,000 社のうち60パーセントが2021年までに自立移動ボットを展開するとされています。フルフィルメントに関する厳しい物流課題があるため、同セクターでは本製品を特に早い時期から採用しています。

続きを読む
VIA Technologies Japan株式会社