自動運転車のメリット

自動運転車のメリット

我々はこれまでに自動運転の概要について述べてきました。では、自動運転車が将来、いかに多くの方法で社会に幸福をもたらすかを見ていきましょう。

安全性の向上

大部分の状況下において、人々は全自動化された世界に恐れを抱き、人類はテクノロジーズが引き継ぐことを恐れ支配権を放棄したくありません。しかし、自動運転車が安全性を高めるという事実を過小評価することはできません。アメリカ交通部NHTSAが2015年におこなったある研究によると、交通事故のうち94%が人為的なもので、そのうちわずか2%が車両故障、2%が環境的要素、2%が原因不明とされています。私たちは運転中の人的要素を取り除くことで、人的エラーという大きな潜在的要因をとりのぞき、かつ安全性の驚異的な飛躍に期待できます。事故を減らし、怪我を減らし、死亡者を減らすことができる。よって自動運転車を憂うのではなく、祝うべきなのです。この種の安全性の向上は、緊急医療サービスや政府の道路管理等、二次的要素のストレスとコストを更に低くしました。

比較的少ない交通量

人類こそが交通事故の主な原因であるのと同様、我々も交通量の原因です。人が急ブレーキを踏むか忙しい高速道路上で危険な追い越しをする限り、いずれも交通渋滞を招き、その波及効果は数マイルにも及びます。自動運転車はネットワークを利用して走行し、他の自動運転車と互換性を持ち、最適で効率が最も良い走行ルートを確定します。車は二度と個人の支配を受けることなく、全てが同一部門で共に作動し、共に移動するとともに、不必要な急ブレーキや渋滞から解放します。

駐車の便利性

あなたはすでに目的地に到着しました。しかし次にやってくる挑戦は駐車位置を探すことです。特に1つの駐車位置も見つけることが難しい大都市において、これは悪夢であり、ひどい場合には運転時間より長くなります。しかし待ってください。あなたの車はあなたを必要とせず自動で運転しています。これはあなたを会社の入口、商店や他の場所で降ろし、その後自動で駐車に行くことを意味しており、あなたはその場にいなくてもいいのです。この他、人々は狭い駐車スペースでの出入りを心配する必要がなくなります。よって非常に密に駐車できるので、駐車場の収納可能台数を最大化します。

余暇をもっと多く

この不思議な世界があなたにどのような利益をもたらすかをまだ詳しく説明していませんでした。交通量が減り、駐車が便利になると、通勤時間の短縮と効率を考えるようになります。長くで緊密な通勤時間において、あなたは少し遅く起きることができ、夜も早めに家に帰り夕食を取るか、より多くの余暇を過ごすことができるようになります。あなたは毎日車に乗っている時間が少なくなるだけでなく、自動運転のおかげでこれまでにはなかった、出勤途中に朝刊を読むこともできるようになります。それに、考えてみてください。あなたは車を制御する必要がないので、長距離の場合にはできることが更に増え、可能性は無限となります。重要なのは、自動運転車においては、車の中にいるか外にいるかに関わらず、より多くの余暇を持つことができるようになるということで、時間をお金に替えるなら、全自動化の世界ではより豊かになることができるでしょう。

地球に有益な効果

最後に、同じように重要なのは、自動運転車が二酸化炭素排出量と地球温暖化を大幅に改善するということです。生物多様性研究センターの指摘によると、アメリカでは石油に依拠する輸送部門が全国の気候変動排出量の33%前後を占めており、全世界の二酸化炭素排出量の15%が運輸業から来ています。ゼネラルモーターズやテスラのような多くの自動運転車メーカーは皆、自動運転車は全自動化すべきだと考えており、これはゼロ排出を意味し、これによりアメリカの二酸化炭素年間排出量の3分の1を削減できます。フォードなど他社は現在ハイブリッド自動運転車を推し進めており、これらの車は依然としていくらかの地球温暖化効果をもたらしますが、しかし少なくとも現在のようではありません。たとえ車が一部のガソリンを使用するとしても、自動運転車も燃費効率を最大限高めることができ、有害ガスの排出を減らすとともに、気候変動と大気汚染を減らすことができます。

事故を減らし、ストレスを減らすことでより多くの余暇を得て、環境にとって有益であることは、私にとってとても素晴らしいことです。私はもうこの全自動運転の世界の到来が待ちきれません。

 

この文章はVIAのインターンBria Rosenbergによって書かれた。

VIA Technologies Japan株式会社