自動運転車がもらたす革新的な衝撃

自動運転車がもらたす革新的な衝撃

自動運転技術の台頭に伴い、人々はこの新しい自動交通の世界が経済や社会にどう影響するか、いろいろな予想をしています。評論家は、工業はダメージを受け、数百万人が仕事を失い、社会は全体的に更に悪化すると主張しています。また楽観主義者は、新技術の出現が新たな業界と就職の機会を生み出し、更に自動運転車の優位性により、生活は別の面において様々な利益をもたらすと予測しています。

時間の旅

これらの将来の可能性を探る前に、私たちは過去に戻ってみましょう。私たちの最初のステップは紀元前1900年、メソポタミアです。我々はこのとき戦争文明を発見しました。それは最も初期の交通手段の一つ、戦車です。戦士たちを長短期の戦場へ送り迎えする、この種の革命的な二輪式馬車は戦争を変えました。

次に、私たちは現代の馬車と超距離旅客輸送の起源、15世紀のハンガリーにやってきました。これは単なる長距離輸送の開始ではなく、人々がこれまで以上に気軽に旅行することができるようになった点において、革命的な発明だと言えます。

1821年、イギリス。産業革命が蒸気動力輸送の道を切り開きました。自動車が現れるまでは基本的に汽車による長距離旅行と貿易が最も効率的であり、汽車は観光産業を勢いよく発展させるきっかけとなりました。

1885年、ドイツ。Karl Benzが初の現代化された自動車を発明しました。人力による運転から自動運転へ。自動車の変遷は往々にして19世紀末から20世紀末によく見られます。馬車から自動車への変化は特に大きく、自動車は改めて旅行を効率的にしただけでなく、高速道路両側の郊外や都市を発展させ、予見できない方法でレストランやホテル業にも影響を与えました。

馬から汽車へ、また自動車から飛行機、更には無人機へ、またそれらの間に位置するもの全ての革命的な変化が新たな交通輸送時代をもたらし、他の新興産業の発展を促しました。

そして、私たちは歴史の旅の終着駅、現在に到着しました。

現在

今日、私たちは交通世界革命のもう一つの最前線にいます。私たちのある人たち(私)は興奮しているし、ある人たちは恐れています。科学技術の引き継時の憂いを除き、私たちはここであなたの焦りを収めたいと願っていますが、多くの人は主に全自動運転車がもたらす巨大な経済的影響を懸念しています。テキサス大学オースティン分校の研究員の報告によると、自動運転車の台頭に伴い、保険、交通警察、個人交通などの産業はそれぞれ60%、50%、31%減少すると予想されていますが、デジタルメディア、貨物輸送、電子業界やソフトウェアなどの分野は成長すると見られています。しかし誰がどの職種の新たな仕事が生まれるか知っているでしょうか。

自動車が初めて登場したとき、誰がトラックの運転手や排気ガス検査員のような仕事が新たな業界に携わる1,000万人の中に現れると予想したでしょうか。トラックは都市の発展に依拠すると誰が予測したでしょうか。たとえそうだとしても、電気自動運転車は公共自動車の運転手や石油検査の要求、および他の多くの関連業務を減らすことができるとともに、新たな職業や業界に多くの機会をもたらしました。

世界は絶えず進化しています。機動性と交通輸送の他、私たちは人類として常に革新的です。全ての新しくて、夢のようで、これまでに抱いた夢を試してきました。現代は過去半世紀のうちに創造し発展させた現実の科学技術であり、テレビ、ネットワーク、スマートフォンなどが古い技術に取って代わり、仕事や産業を破壊すると同時に、新たな技術を作ってきました。Joseph Schumpeterが言うところの創造的破壊です。では、なぜ自動運転は異なるのでしょうか。

未来

誰も未来を正確に予測したり、自動運転の世界に一体何が起こるのかを知ることはできません。しかし私たちが過去から教訓を学ぶことができるなら、私は将来は決して経済難を導くことはなく、予想もしなかった新たな仕事や科学技術の成長と開発もたらすであろうと予測します。

これまでの数年間で、全世界に新型車や電気自動車メーカーが無数に現れ、多くの電気自動車が出現することにより、私たちはより多くの充電ステーションを必要としていますが、これらがソーラーエネルギーや他の再生可能エネルギー作業を成長させる潜在力を秘めていることを想像してみてください。

もしくは、車載サービス面においてどのような業務が現れるか想像してください。新しいゲーム、エンターテインメントシステム、モバイルアプリケーションプログラム、食物の配送?可能性は尽きることがありません。

もしあなたが自動運転車の長所を探すなら、自動運転が車内か車外かに関わらず、より多くの余暇を生み出すことを発見するでしょう。通勤時間がより短縮されることにより、私たちに何ができるか、エンターテインメント方面で何を作り出す事ができるか考えてみてください。より多くの時間があれば、私たちはより創造性や生産性のあることに力を注ぐことができるのではないでしょうか。

別のもうひとつの考慮すべき点は、最近のグローバル化されたモデルから逸脱し、ローカル化に向かうということです。益々多くの国が自らの電気自動運転車の技術を構築しようとしており、特に自動運転車を訓練するという点においては、自動車について言えば、どの都市や州立の各道路で運転を学ぶにしても、全世界のどの単一の道路で運転するよりもはるかに簡単であり、このことがサハラ以南のアフリカなど、世界中の自動車製造面で遅れをとっている都市に対する経済的刺激の重要なソースとなっています。

自動運転車は多くの作業や産業に取って代わりますが、これは決して全て悪いことではなく、憂う必要もありません。人類は常に革新的であり、革新的な方法を探し出し古い物に取って代えてきたのです。

 

あなたは自動運転車が私たちをどの方向にリードしようとしていると思いますか。

 

この文章はVIAのインターンBria Rosenbergによって書かれた。

VIA Technologies Japan株式会社