VIAナンバープレート認識システムは4つの方法で駐車場収益を引き上げます

Boosts your Parking Lot

駐車場はVIAナンバープレート認識システムが新たに力を入れている従来型産業の一つです。VIAナンバープレート認識システムの採用により、以下に述べる4つの方法で駐車場に新たな力を吹き込きます。

1つ目の方法が最も明確なもので、VIAナンバープレート認識システムの導入によって駐車スペースが増加し、より多くの収益を上げることができます。どのように実現するのでしょうか?VIAナンバープレート認識システムは、駐車券を受け取りに使用される無効エリアをなくし、駐車券待ちとゲートバーの昇降スペースを整備します。ゲートバーなし+駐車券なし=より多くの駐車スペース。

2つ目の方法も非常に明確な方法で、VIAナンバープレート認識システムの導入によって従業員の雇用を削減することができ、賃金を抑えることができます。より多くの駐車スペース+少ない賃金=より多くの収益。このシステムを採用することで、従業員の追加雇用の必要がなく、使用と支払い状況を自動的にモニタリングすることが可能となります。

現在の2つの方法は全く異なるものですが、関連性はあり、両者とも需要には影響しますが、供給には影響しません。1つ目の方法は、顧客満足度の向上です。選択肢がある状況では、ドライバーは自然と駐車券とゲートバーシステムのない駐車場を選ぶようになります。もし他の選択肢が入出庫するだけで済むものであるならば、小銭やクレジットカードやチケット、窓の開け閉めを選ぶドライバーはいないでしょう。

VIAナンバープレート認識システムの導入により、駐車場管理者は収集されたデータの分類、分析が簡単に行えるようになります。駐車場を満車状態に保つのに重要なのは、顧客ロイヤリティシステムを使用する手法です。この管理システムにより、ヘビーユーザーへの優待を実施します。駐車場利用20回につき1回の利用無料は、わずか5%の割引でしかありませんが、ドライバーにとっては、請求書に表示されたゼロ円や「無料」を目にすることは、5%の節約以上の意味を持ちます。

これらの4つの方法は、VIAナンバープレート認識システムでごくわずかな変更を行うだけで、駐車場の収益に新たな力を注ぎこむことができることを示しています。VIAは単にシステムを販売するだけではありません。お客様と協力して日常生活における問題へのソリューションを提供しています。協力関係が緊密であるほど、多くのメリットを得ることが可能となります。

VIAナンバープレート認識システム は、4台のカメラレンズによる高画質画像、タイムスタンプ、GPS座標データをもとに、ナンバープレート情報を収集します。NVIDIA Jetson TX2モジュールを搭載したシステムは、厳しい車載と屋外環境に最適化された強固な低消費電力設計となっています。最大4台のカメラ、高画質デジタルビデオ録画、リモートワイヤレスモニタリング、シームレスなクラウドデータベースの統合など、特定のインストール要件を満たすさまざまなハードウェア、ソフトウェアのカスタマイズオプションを提供しています。

詳細につきましては当社までお問い合わせください: お問い合わせ

※本製品海外向けの製品となります。日本での発売はまだ未定ですのでご了承ください。
もしご興味いただけましたらメールにてお問い合わせください。

VIA Technologies Japan株式会社