VIA 顔認証、ナンバープレート認識システムでビルセキュリティを強化

Protecting entrances to buildings

スマート情報テクノロジーの成熟に伴い、ビルのセキュリティシステムも急速に成長しています。以前は警備員が巡回していたものが、現在では人工知能テクノロジーの力でビデオモニタリングテクノロジーと組み合わせることが可能となり、ビルのセキュリティシステムのスマート化が進むとともに、安全率もまた向上しています。ビルの入出管理は非常に困難な作業ですが、AIシステムを採用した先進のテクノロジーと柔軟性に富む設計により、VIAはビルのすべての入口の確実なセキュリティをお手伝いいたします。

VIAスマート顔認証セキュリティシステム は、ビルエントランスのセキュリティに役立ちます。精度の高い顔認証テクノロジーを採用することで、偽装しやすいIDカードを使用する必要がなく、システムでは誰がビル内にいて、いつビルに入ったのか、いつビルから出たのかといった一連の動きを把握することができます。正確な情報の提供はスタート地点であるにすぎません。また、このシステムでは警備員の削減に役つとともに、煩雑なセキュリティプログラムを排除してユーザー満足度を向上させます。

人の流れをコントロールすることは、ビルセキュリティにおいて必要なことではありますが、まだまだ十分とは言えません。ビルには人に限らず、さまざまな大きさや形状の荷物が出入りします。大量の荷物がトラックによってガレージや通用口から内部へと搬入されています。VIA Mobile360 ナンバープレート認識システム の優れた点としては、事前に承認された車両にただちにアクセスすることができ、未知の車両に対しては、自動的にマーキングを行いより詳細な検査を実行することができることがあげられます。

実際に、顔認証とナンバープレート認識の2つのアプリケーションを1つのシステムに集約、統合したシステムでは、トラックドライバーの顔のほかにトラックのナンバープレートを識別することもでき、正確な結果をリアルタイムで送信します。

荷降ろしエリアは常に混み合い、混乱した状態にあり、ドライバーは常に納品作業の完了に追われています。事前に承認されたトラックとドライバーは中断されることなく作業を続けることができ、ユーザー満足度と運用効率を向上させることができます。承認されていないトラックやドライバーはマーキングされ、より詳細な検査が実行されます。時間とコストをすでに承認されているトラックとドライバーに費やすことなく、潜在的な問題への対応にのみ充てることができます。その結果、複雑な問題は非常にシンプルなものになります。

VIAはシステムを販売するだけではありません。それぞれの顧客ニーズに合わせたソリューションを提供します。VIAスマート顔認証セキュリティシステムとVIA Mobile360 ナンバープレート認識システムはモジュラーデザインにより、衆人環視の正面エントランスからセキュリティの薄い裏側の搬出口、またその間のすべてのエリアをカバーする、ビルのすべての場所におけるセキュリティの完全なカスタマイズ化を行うことができます。

VIAスマート顔認証セキュリティシステムとVIA Mobile360 ナンバープレート認識 システムのビルのセキュリティ要件への最適化に関する詳細につきましては、メールでお問い合わせください: お問い合わせ

詳細につきましては、『VIAスマート顔認証セキュリティプラットフォーム』ハンドブック をダウンロードしてください。

※本製品海外向けの製品となります。日本での発売はまだ未定ですのでご了承ください。
もしご興味いただけましたらメールにてお問い合わせください。

VIA Technologies Japan株式会社