エッジコンピューティング

Edge AI Warehousing: The Future of Fulfillment

Edge AI ウェアハウス: フルフィルメントの未来

ロボットシステムとドローンへの世界規模での支出は、2019年には2018年より17.6パーセント増加して合計で$1157億ドルになり、またこの傾向は2022年まで継続し、支出額は$2103億ドルに達するとIDCでは予測しています。IDCアナリストのJohn Santagateによると、世界の最大企業2,000 社のうち60パーセントが2021年までに自立移動ボットを展開するとされています。フルフィルメントに関する厳しい物流課題があるため、同セクターでは本製品を特に早い時期から採用しています。

edge computing future

エッジコンピューティング とデータの未来

クラウド コンピューティングは、データ ストレージ と、インタ―ネット上でアクセスされたサーバーでの処理の双方を中央化するために、大きく邁進してきました。このアプローチは確かにビジネスにとって優れている一方(これなしに、Slack や Dropbox などのサービスはあり得ません)、新しいモデル は、当初はクラウドコンセプトとは一致しないと思われた興味を集め始めています。

edge computing data

ビッグデータ、大きなクエスチョン。 エッジコンピューティングに答えがあるか?

この成功のカギとなるのがビッグデータです。これは従来のソフトウェアではあまりに大きすぎて処理できないデータマイニングセットだと言えましょう。ビッグデータによって、企業はフォーマット済みのロー・ストリーミングデータなどの膨大な情報網を理解して、より正確に成果を形成したり、さらには未知の相関関係を発見することができます。

what Edge AI can do for You

エッジAI はあなたにとって(クラウドにできないことで)何ができるか?

レイテンシこそが問題なのです。すぐそばにいれば、すぐに動作できます。視線をそらす前に、適切なアピール力のある広告を提供し、運転中に探していた店舗を指摘し、同僚が自分の先に向かっていることを知らせ、忙しい交差点で自動走行車が他の車両を回避するのを手伝うなど、今こそ実行するべき時です。」

edge computing

エッジ コンピューティングの可能性を切り開く

エッジ コンピューティングには 革新的な可能性があります。クラウドから離れ、モノのインターネット(IoT )デバイスに近づいた処理とインテリジェンスは、ビジネスの方法を変化させながら、データが果たす方法において大きな利点を提供することができます。

VIA Technologies Japan株式会社