VIA Technologiesは、Microsoft主催のイベント「2019 IoT in Action Tokyo」参加いたします。

IoT in Action Tokyo

VIA Technologiesは、2019年1月22日に東京コンファレンスセンター有明で開催さえるMicrosoftの「IoT in Action」に参加いたします。本イベントは、IoTのビジネス導入を検討しており、その新動向を知りたい方に最適なイベントであり、革新的なIoTセキュリティ、インテリ ジェントエッジ、IoTコグニティブサービス、ハイブリッドクラウドそしてスケーラブルでリピータブルなソリューション構築を支援するIoT Solution Acceleratorsなどについて知ることができます。また、セミナーではIoTの最新動向をIoT全体だけでなく業界別動向を知ることができます。

当日は、VIA Technologies Japan株式会社の小間拓実より「Windows 10 IoT CoreによるARM Platformの改革」と題して、VIA VAB-820を利用した顔認証システムの実装を例に、慣れ親しんだWindows開発環境やリソースを活かし、ARMプラットフォームにWindows 10 IoT Coreを導入するメリットについて講演させていただく予定です。

なお、本イベントの概要は下記の通りです。

 

IoT in Action

日時:2019年1月22日 9:30 – 18:30

場所:東京コンファレンスセンター有明

〒135-0063 東京都江東区有明3-7-18

有明セントラルタワー 3F/4F

 

VIA Technologies, Inc.について

VIA Technologies, Incは、AI、IoT、コンピュータビジョン、自律型車両、ヘルスケア、スマートシティアプリケーション向けの高度に統合された組み込みプラットフォームおよびシステムソリューション開発における世界的リーダーです。台湾の台北に本拠を置くVIAのグローバルネットワークは、米国、欧州、アジアのハイテクセンターを結びつけています。その顧客基盤には、世界をリードする多くのハイテク、通信業界のブランド名が含まれています。 www.viatech.com/ja/

VIA Technologies Japan株式会社