VIA が Embedded World 2019に参加:21世紀にビルを提供

VIA が Embedded World 2019に参加:21世紀にビルを提供

スマートビルに投資する理由、そして最高の展開方法とは?センサ、カメラ、制御メカニズムを本当にインテリジェントな管理エコシステムにもたらす、IoT と Edge AI システムのおかげで、21世紀にビルをもたらすことは、かつてないほど簡単になりました。この技術は、最新の超モダンな新しいビルドに特有なものではなく、商用、産業用、住宅用ビルにも同様に適用できます。なぜなら、エネルギー消費量の削減、メンテナンスの予測アラート、セキュリティの向上、居住者の快適性と安全性の向上。

続きを読む

顔認識を使用すべき理由 (およびそれに必要なもの)とは?

why choose facial recognition

顔認識は大きく進化しています。Apple iPhone Xのセキュリティを提供する他、空港、鉄道駅、さらには一部の学校で、より大型のシステムが展開されています。この技術の持つ可能性は確かに刺激的です。例えば、Ticketmasterは実際のチケットに代わり顔認識を使用するという実験をしているという報告もあります。

続きを読む

顔認識でビルのセキュリティを改善

Facial recognition security

顔認識の最も明らかな用途は、将来的にセキュリティパスのような働きをするということです。 セキュリティパスは盗まれたり、貸し借りやコピーができますが、人間の顔は変えられません。セキュリティパスを顔認識技術に変えてホワイトリストシステムを使用すれば、エントリー登録した人のみがビルにアクセスできるようになります。

続きを読む

顔認識技術でできる、5 つの驚くべき事

Things You Can Do with Facial Recognition

感情認識から個別化メニューまで、顔認識技術の可能性は、まだ理解され始めたばかりです。
顔認識技術は、近年うなぎ上りになっており、2017年には38億5000万ドルの市場価値があり、2023年までには97億8000万ドルになることが予測されています。技術の進化と共に、その使用も増加し多様化しています。

続きを読む

顔認識の教育における不安と安心のバランス

frt_privacy_protection

中国において顔認識(Facial Recognition)が引き続き発展するにつれ、その応用はセキュリティ、支払いから徐々に他の分野にまで広まっていますが、顔認識の運用は諸刃の剣となっており、人々はそれがもたらす利便性を享受すると同時に、憂慮を隠さないではいられません。台湾では最近、顔認識を教育に運用するという計画書がメディアで報道され、父兄の間で話し合われています。

続きを読む
VIA Technologies Japan株式会社